animals plants

「芸」をするフグがスゴイ! 驚くべきフグの潜在能力

2021.01.27 Wednesday

2019.07.28 Sunday

1枚目の画像

Point
■鳥や魚の、色・形の認識能力が優れていることが知られている
■フグも形を見分ける能力があり、 「取ってこい」の芸ができるものも

ヒトの次に賢い動物は、あなたは何だと考えますか?  私の脳内に筆頭で浮かぶのは、ヨウムです。

アメリカのペッパーバーグ博士が研究していたヨウム、『アレックス』は、50の物体と7つの色、5つの形を認識し、6つまでの数を数えられ、「ゼロ(~がない)」 の概念すら理解していたとのこと。

2枚目の画像
Credit:Alax Foundation

鳥が“3歩歩けば忘れてしまう”「鳥頭」ではなかったのと同様に、魚も実は高度な知能があることがわかってきています。

たとえば、大阪市立大学の幸田正典教授らの研究によると、ベラ科のホンソメワケベラは鏡に映った自分を認識できるという、チンパンジーやイルカなど、高度な社会生活を送る生き物と同じ能力を持つのだそう。

自分の喉にマーカーがついていることを鏡を見て理解し、体をこすりつけて取ろうし、「取れたかな」と鏡を見て確認までするのだとか!

フグが芸をする!

賢い動物といえば、犬は芸をすることでそう言われていますよね。魚が芸をやるなんて想像もしていませんでしたが、なんと犬の「取ってこい」のようなことができるフグがいるんです。

指示をする人の方に泳いでいくフグ。見本となるものを見せられ、これと同じものはどれ?と言われているようです。4つ並べられたものの形を見比べ、うえから3番目の見本と同じものを選ぶフグ。何だか犬のように見えてきますね!

フープは仕切り直しやご褒美の合図をする、コミュニケーションツールなのでしょう。さし出すとフグが顔を出して、餌をもらっています。イルカやアシカショーぽくもあるかも。

ヨウムのアレックスの「50の物体と7つの色、5つの形を認識」には及ばないかもしれませんが、物体、もしくは色や形を区別しているようで、たいしたものです。

なお、動画にいるのはサザナミフグと思われます。西南大西洋、インド洋、東太平洋などのサンゴ礁や河口域に生息するフグとなります。

ちなみにフグには、まさに顔が犬っぽい「イヌフグ」「ドッグフェイスパファー」の通称をもつ、コクテンフグという種もいるので、ぜひ同じようにやってほしいもの。

3枚目の画像
コクテンフグ。確かに犬っぽい。 / Credit:Wikipedia

次ページフグは進化した魚

<

1

2

3

>

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!