早く達してしまう男性必見。「電気」で夜の営みが長持ちするという研究

life 2018/03/26
Credit: dailymail

夜の生活、特に「早さ」にお悩みの男性に朗報です。性的絶頂に達するまでの時間が短い、いわゆる「早漏」の画期的な治療方法が開発されました。

科学者たちが開発したその方法とは、「軽い電流を男性のくるぶしに流す」といったもの。くるぶしにある「脛骨神経」は、セックスの際に使われる筋肉をコントロールする骨盤の神経と繋がっており、この神経を弱い電流で刺激することにより射精を遅らせることができるというのです。

実験は、早漏に悩む20-50歳の男性を対象に行われました。彼ら60人を30人ずつの2グループに分け、片方のグループの男性にのみ12週間、毎日30分くるぶしに電流を流しました。

すると、なんとくるぶしに電流を流したグループの性行為の時間が飛躍的に伸びたという結果が出たのです。

 

将来的には、専用の治療器具が開発され、自宅で簡単に治療が可能になる日がくるかもしれませんね。

 

トルコのYuksek Ihtisas病院が行ったこの実験は、European Urologyにおいて公開されています。

 

via: dailymail , European Urology /translated & text by Nazology staff

関連記事
自転車を乗り回してもにEDの心配がないことが判明

SHARE

lifeの関連記事

RELATED ARTICLE