オジー・オズボーンをDNA解析した結果、「ミュータント」だったことが判明

fun 2019/08/14
オジー・オズボーン / Credit: selectspace

Point

■DNA解析の結果、オジー・オズボーンにドラッグやアルコールに異常な耐性を持つ遺伝子が発見された

■専門家によると、人の行動や思考は自由意志ではなく、遺伝子によって決定されている部分が多い

■しかしオズボーンのような遺伝子変異は前例がなく、研究者は「オジーは遺伝子変異体だ」と話している

往年のファンにはあまり驚きは無いかもしれない。

マサチューセッツを拠点にするヒトゲノム解析会社「Knome」は2010年、著名人のDNA解析を行いました。その際に選ばれたのはスティーブ・ジョブズやオバマ大統領などではなく、なぜかヘヴィメタル歌手のオジー・オズボーンのDNAでした。

オズボーンといえば、ライブでの過激なパフォーマンスが有名で、客席から投げ込まれたコウモリの死骸を食いちぎった伝説も持っています。

ところがそれ以上に遺伝子学者たちを驚かせたのは、オズボーンの健康状態でした。彼は数十年もの間、強力なドラッグやアルコール漬けの生活を送っているにもかかわらず、今なお現役で活躍しているからです。

近年、ハリウッド俳優やミュージシャンが過剰な薬物摂取により、若くして命を落とす事件が多発しています。その中でドラッグやアルコール漬けの生活を長期間続けても生きながらえているのは、世界でもオジー・オズボーンだけかもしれません。

ドラッグ漬けでも元気なオズボーン氏/Credit:nme

そんなオズボーンの協力のもとに研究チームがDNA解析を行ったところ、驚くべき事実が発覚しました。なんとオズボーンの遺伝子には、大量の飲酒やドラッグ摂取を可能にする耐性と、ドラッグやアルコール漬けになりやすい遺伝的変異が本当に発見されてしまったのです。

しかもこのような遺伝子変異体はこれまでに前例がないとのこと。

これについてインディアナ大学医学部のビル・サリバン氏は、自身の新たな著書の中で「オジーは遺伝子変異体(ミュータント)だ」と驚きを見せています。

またサリバン氏は「私たちの行動は自由意志ではなく、生まれ持った遺伝子によってあらかじめ決定されている部分がとても多い」とも言及。甘いもの好きやコーヒー好きになりやすい遺伝子もあるし、政治的姿勢でさえ遺伝子に左右されるんだとか。

オズボーンは以前「自分は40歳までに死ぬと思っていた」と発言していましたが、40歳どころかもう70歳です。やはり何十年もの間ヘヴィメタルのトップに君臨する男は、遺伝子からして違っていたようですね。

25年間ヘビの毒を趣味でキメてきた男、その体が血清の宝庫となってしまう

reference: nyposnme / written by くらのすけ

SHARE

TAG

funの関連記事

RELATED ARTICLE