history archeology

古代ボードゲームの失われたルールを復元する研究所 (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2019.09.08 Sunday

コンピューター分析によるルールの再構築

研究チームはルール解明のために、古代ゲームをモデル化し、そこからルールセット(複数のルールのまとまり)を生成して評価するシステムを作りました。このシステムは「Ludii」と呼ばれ、遺伝学やAI研究にも用いられている計算技術を備えています。

プロセスの第一段階では、モデル化されたゲームを構成要素に分解し、それらを「ルデーム(ludemes)」という単位としてデータベース内で体系化します。いったんゲームをルデームに基づいて記述すると、機械がパターンを理解して分析できるようなコンピュータプログラムとなります。

このとき、ゲームが行われていた場所や時代に関する文化的背景も記録され、新しく生成されたルールセットの妥当性を評価する有益な情報として使用されます。

1枚目の画像
Credit:pixabay

その後チームは、データベース内の情報を使って、プレイの妥当性や可能性を様々に変化させた複数のルールを再構築します。

それが終わったら、AIが新たに生成されたルールを順番に試していき、駒の動き等のリストを作成。その情報をもとに研究チームが最も有効にプレイできるルールを判断するというわけです。

実際こうしたアプローチは、すでにある程度の成功を納めています。2006年、考古学者がスロヴァキアの遺跡で発見された古代ローマのボードゲームについて、研究チームはプレイ可能なルールを特定したそうです。

一つのゲームでも地域や時代によってルールが変わることがありますが、そこから人々の暮らしが見えてくるものです。今後もデジタル考古学というアプローチで、古代のゲームが現代に復活することに期待しましょう。

失われた「日本人村」がカナダの森の中で発見される

reference: vice / written by くらのすけ

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!