アマゾンが消失の危機!? 火災はさらに悪化する可能性も

geoscience 2019/08/23
Credit:zmescience

Point

■今月初旬からアマゾンで発生していた火災は、現在で3週間目に入り、今後も続くことが予想される

■火災原因は、ブラジルのボルソナロ政権が「熱帯雨林の不法伐採の規制を緩和している」ことにあると言われている

■火災が続けば地球規模の二次被害が発生する恐れもある

ブラジル・アマゾンの熱帯雨林で続く大規模火災が、世界中で大きな波紋を呼んでいます。

火災発生からすでに3週間目を迎えていますが、火の勢いが収まる気配は一向にありません。火災の影響は現場から数千キロ離れたサンパウロにも達しており、街の上空を分厚い煙が覆う状態が続いています。

まるで核戦争後の世界です。

またアマゾンの熱帯雨林は地球にある酸素の実に20%を作り出しているため、このまま火災が続くと世界全体に甚大な被害が出る可能性もあります。

火災は今後も悪化する危険性がある

世界気象機関(WMO)は、火災の被害が及んでいる地域を示した画像をTwitter上で公開しました。画像を見ると、煙が大西洋岸からペルー、ボリビア、パラグアイ、そして東のサンパウロにまで広がっているのが分かります。

専門家によると、炎は鎮火するどころか、11月頃まで続く干ばつのせいで悪化する可能性もあるといいます。

近年、ブラジルでは火災の発生件数が激増しており、今年に入ってからすでに約7万3000件の火災(うち半数以上がアマゾン)が国内で報告されているとのこと。

ブラジル国立宇宙研究所(INPE)によると、この件数は前年と比較して80%も高く、2013年から始まる観測史上最多を記録しています。

ブラジル大統領が非難の的に

世界自然保護基金(WWF)によると、火災発生の原因は熱帯雨林の伐採が急増したことにあるようです。

アマゾンの熱帯雨林では現在、木材加工用や農場・鉱山開拓のために大量の木が伐採されたり、森が焼き払われたりする事例が多発。この件を受け、ブラジルのジャイール・ボルソナロ大統領に国民や専門家から批判が集中しています。

ジャイール・ボルソナーロ大統領/Credit:ja.wikipedia

というのもボルソナロ政権は、熱帯雨林の不法伐採に関する規制を緩和したり、アマゾンの火災予防および環境保護のために予定されていた730万ドルの予算を削減していたのです。

アマゾンで起こった火の手によって、現在同国の政治情勢も大きく揺れています。

「アマゾンの死」は「地球の死」を意味する

「地球の裏側で起こったことだから」という理由で、私たち日本人が安心することはできません。

アマゾンの熱帯雨林はおよそ550万㎢に及ぶ面積を誇ります。アマゾンの豊富な森林は、加速する地球温暖化を抑制する重要な役目を担っているのです。

このまま森林破壊が続けば、アマゾンの緑は枯渇し、乾燥した土地となって雨も降らなくなってしまいます。アマゾンの降雨は熱帯雨林そのものから生じるものなので、森林が失われれば、酸素だけでなく水分もなくなってしまう危険性があるのです。

Credit:depositphotos

その影響が世界にまで拡散していくと、地球のたどり着く先は『マッドマックス』的な荒涼とした砂漠以外にありません。アマゾンが死ぬことは地球が死ぬことを意味し、アマゾンを守ることは地球の緑を守ることでもあるのです。

【2019 08.29 修正】
文章に一部不正確な記述があったため修正して再送いたします。

放火する鳥たちがいる。その理由とは?

reference: zmesciencevicecnn / written by くらのすけ

SHARE

TAG

geoscienceの関連記事

RELATED ARTICLE