ブラックホールへ安全に旅行するには!? NASAの宇宙旅行ガイド

space 2019/10/07
Credit: NASA

さあ、秋の観光シーズンの到来です。旅行先を検討中の方のために、ブラックホール旅行を快適かつ安全に楽しむための注意点をまとめた「ブラックホール旅行指南ビデオ」をNASAが公開しています。

荷造りとパスポートの更新が済んだら、宇宙船に乗り込んでいざ出発!

でも、その前に…ブラックホールには決して行ってはいけません。絶対にです。

ブラックホールとは何か?

え? どうしてもブラックホール旅行を諦めきれないって? 仕方ありません。では、出発前にいくつかの知識をお教えしましょう。

Credit: NASA

とりあえず、まずは「ブラックホールは何なのか?」を理解しておかなければなりません。

Credit: NASA

ブラックホールとは、他のすべての物体と同じく、宇宙に存在する物体の1つです。

Credit: NASA

ブラックホールは、重力と密度が無限になる極小かつ巨大な「特異点」と、それを超えた光を含めたすべてのものがその特異点に落ちてしまう「事象の地平線」、それにその周囲を回転する光る物質から成る「降着円盤」と、放射線からできています。

Credit: NASA

ですから基本的に、ブラックホールに近づけば近づくほど環境は悪化するわけです。

Credit: NASA

またブラックホールには、主に2つのサイズがあります。なぜかって? その理由はよく分かっていません。

Credit: NASA

さらに、ブラックホールは他のどんなものにも例えることができません。

それは、文字通りの「穴」でもなければ、宇宙規模の掃除機というわけでもありません。また、異世界への扉でもなければ、決しておすすめできる旅行先でもありません。

Credit: NASA

ブラックホールを見つけるには

ここまで説明してもブラックホールへ行ってみたいですか? では止むを得ません。続いては、「ブラックホールを見つける方法」を伝授しましょう。

Credit: NASA

理論上は、あなたの真後ろに姿を隠していたとしてもおかしくないブラックホールですが、現実にはそう近くには存在しません。地球にもっとも近い場所にあるブラックホールでも、3,000光年先の彼方に位置しています。

Credit: NASA

ですが、もしもっと近場でお探しとのことであれば、ブラックホールを見つける良い方法がいくつかあります。

第一に、ブラックホールは周囲の環境にちょっかいを出しがちです。ですから、何もないように見える場所の周囲を正体不明の天体が大量に起動してしていることを証拠に、ブラックホールの在り処を突き止めることが可能です。

Credit: NASA

第二に、前述のとおり、ブラックホールの周囲には光る物質が回転しています。正体不明の光が回転していたら、その中心にブラックホールが存在しているかもしれません。

Credit: NASA

ブラックホール旅行の注意点

無事にブラックホールを見つけられ、行くなと説得されたところで絶対に聞く耳を持たないあなた。最後に、安全なブラックホール旅行のコツを数点お伝えします。

Credit: NASA

初めに、できるだけ遠くに離れているかぎり、ブラックホールはそれほど有害ではありません。ですが、興味を抑えることができずどうしても近づきたい場合には、いくつかの注意点を心に留めておく必要があります。

Credit: NASA

まず、ブラックホール付近は放射線値が極めて高く、接近するほどに放射線の影響を免れられる確率が下がることをお忘れなく。

それに、ある地点まで接近すると、今度はあなたの体が「細長い麺」のように引き伸ばされて、時間の進み方が奇妙になることの方を心配しなければなりません。

Credit: NASA

ですから、もしあなたが超高性能な光速より速く進む放射線シールド付き宇宙船を持っているか、もしくは完全不滅の存在でもないかぎり、ブラックホールに接近する考えは捨てた方が賢明です。

Credit: NASA

以上、ブラックホール旅行のいろはをざっとお伝えしてきました。検討に検討を重ねた結果、実際にブラックホール旅行に行くことを決心した方は、宇宙服のポケットにこのハンディ小冊子をどうぞ。覚えておくべきことは山ほどありますからね…。

Credit: NASA

チケットは忘れずに持ちましたか? それでは良い旅を!

それに…気をつけていってらっしゃい!

Credit: NASA

宇宙が終わる2つのシナリオ「ビッグクランチ」と「ビッグリップ」とは

reference: youtube / written by まりえってぃ

SHARE

spaceの関連記事

RELATED ARTICLE