地球外生命への期待が高まる…! 土星の衛星で生命の誕生を告げる「有機物質」を新発見

space 2019/10/03
Credit:depositphotos

Point

■土星の衛星「エンケラドゥス」に、生命の構成要素であるアミノ酸の基礎分子が発見される

■衛星の地下海洋から地表に噴出したプルームの中に、窒素や酸素を含有する水蒸気や氷粒として確認

■窒素や酸素が化学反応を起こせば、アミノ酸が作られる

昨年6月、土星の衛星エンケラドゥスに有機高分子が初めて検出されたニュースが天文学界を沸かせました。それからは「地球外生命を探すならエンケラドゥス」と言われるほど、その発見に期待が寄せられています。

そして今回、ベルリン自由大学の研究により、土星の衛星「エンケラドゥス」に生命の存在を示唆する有機物質が新たに確認されました。

データを提供したのは、アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)によって開発された土星探査機「カッシーニ」です。

さらに、発見された物質は、地球上で誕生した生命の基礎物質でもある「アミノ酸」の構成分子であることが判明しています。

研究主任のNozair Khawaja氏によると「エンケラドゥスの分子も、地球上で見られたものと同じ(生命を生み出す)反応経路にあるかもしれない」とのことです。

論文の詳細は、10月2日付けで「Monthly Notices of the Royal Astronomical Society」に掲載されました。

Low-mass nitrogen-, oxygen-bearing, and aromatic compounds in Enceladean ice grains
https://academic.oup.com/mnras/article/489/4/5231/5573821

生命誕生の可能性が最も高い星

発見された有機物質は、エンケラドゥスの地下海洋から地表に噴出したプルーム中の水蒸気や氷の粒として排出されたものです。

おそらく最初に地下の海洋で溶解した有機物質が、次に水面から蒸発して上昇し、地表の割れ目から氷粒に凝縮して噴出するというプロセスを辿ったと考えられています。

カッシーニに搭載された分光計による分析の結果、水蒸気や氷粒として発見された物質は、窒素および酸素を含有する化合物であることが判明しました。

プルーム噴出のプロセス/Credit:phys.org

窒素や酸素は、化学反応をした際にアミノ酸を作り出す構成分子であることが知られています。

もし衛星の地下熱により、地球上と同じような反応が起きているとすれば、エンケラドゥスにも生命の構成要素たるアミノ酸が存在する可能性が高いでしょう。

エンケラドゥスは、冒頭に記した2018年の報告の他にも、今年6月、地下海洋が栄養豊富であるため、生命が存在するのに適しているというワシントン大学による研究も報告されています。

地球外生命体が存在する可能性は、土星衛星エンケラドゥスが一番高いのかもしれません。

くっきり鮮明。まるでCGのような土星の最新画像が公開

reference: futurismphys.org / written by くらのすけ

SHARE

TAG

spaceの関連記事

RELATED ARTICLE