人類最古のDNAを調査、考古学の謎が一つ解ける

history_archeology 2018/03/29
Credit: Abdeljalil Bouzouggar

アフリカで発見された人類最古のDNAを分析した結果、サハラ砂漠によって困難だと思われていた人々の交流が、早くから盛んであったことがわかりました。

Pleistocene North African genomes link Near Eastern and sub-Saharan African human populations
http://science.sciencemag.org/content/early/2018/03/14/science.aar8380

研究者たちはこれまで、北アフリカと西アジアの間には交流はなかったものと考えていました。なぜならその間には、巨大なサハラ砂漠が隔たっていたからです。

しかし今回、研究チームは北モロッコのイベロモールシア文化(Iberomaurusian culture)時代の9つの遺体からDNAサンプルを採取。「イベロモールシア」は、20世紀の考古学者たちが、彼らがイベリア半島から来たと考え命名したもの。彼らは約1万年〜2万年前に栄え、細石器類とよばれる道具を初めて使用した北アフリカの人類です。

Credit: INDEPENDENT / 細石器類

最新の遺伝子配列技術を用いた結果、研究チームは初めて約1万年前の人類のDNAデータを再現することに成功しました。その結果、イベロモールシア文化圏(現在のモロッコにあたる地域)の人々のDNAの約3分の2が、当時、地中海東沿岸の地域に住んでいた人々のDNAと一致したのです。そして残りの3分の1は、当時、西アフリカに住んでいた人々のDNAと一致しました。このことは、北アフリカと西アフリカの人々が、考えられてきた時期よりも早くに交流していたことを示しています。

研究を率いた考古学者のクラウス氏は「このように、古代の人類の遺伝子を調べる研究によって、私たちは人類の歴史への理解を深めることができます」と語っています。

人類の好奇心は、砂漠をも超えるのかもしれません。

 

via: independent / translated & text by Nazology staff

 

関連記事

謎の最強民族「海の民」の手がかりか? 3,200年前の石版が解読される!

お宝が眠ってた。「中世の廃村」がイギリスで発見される

SHARE

history_archeologyの関連記事

RELATED ARTICLE