animals plants

悪魔の使い「アイアイ」に隠された6本目の指が発見される

2021.01.27 Wednesday

2019.10.23 Wednesday

1枚目の画像

Point

■マダガスカルに生息する「アイアイ」に、隠された6本目の指が発見される(極小だが、体重の半分を支える力がある)

■細長い中指が最も特徴的で、地元では「アイアイに中指で指された者は死ぬ」という迷信が伝わっている

コウモリのような耳に、らんらんと光る黄色いギョロ目、胴より長い尻尾はさながら死神のマントのよう。

マダガスカル北西部に生息する夜行性の霊長類「アイアイ」は、現地住民に「悪魔の使い」として恐れられています。「アーイアイ」なんて歌まで作って可愛がる日本人からすると、意外かもしれません。

2枚目の画像
Credit:ja.wikipedia

アイアイは、1800年代半ばから研究対象となっており、その生態はほぼすべて知り尽くされていると思われていました。

ところが今回、ノースカロライナ州立大学の研究により、アイアイの手には、隠された6本目の指があることが発見されたのです。

研究の詳細は、10月21日付けで「Physical Anthropology」に掲載されました。

A primate with a Panda’s thumb: The anatomy of the pseudothumb of Daubentonia madagascariensis
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/ajpa.23936

体重の半分を支えられる「6本目の指」

研究主任のアダム・ハートストーン氏によると、「6本目の指はアイアイのデジタル画像解析をしている最中に偶然見つかった」といいます。

この指は、X線でも明瞭に見えないほど小さな骨でできていました。一見コブのように見えますが、れっきとした指だそうで、骨の両サイドには指を動かすための3タイプの筋肉が付いています。

3枚目の画像
Credit: Adam Hartstone-Rose

この小さな指には、体重の半分を支える力があり、木の枝をグリップするのに使われていたようです。

アイアイと言えば、木の中から虫をほじくり出すための細長い中指が一番有名ですが、6本目の指の発見でもう「中指」とは呼べないかもしれません。

次ページ「中指で指されると死ぬ」という民間伝承

<

1

2

>

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!