report

【実験】魔法のように色が変わる「ハロウィン料理5品」に挑戦、驚きの結果は? 変化の比較と徹底考察 (6/7)

2021.01.27 Wednesday

2019.10.30 Wednesday

5:青から赤紫へ。鮮やかな色変わりゼリーを作ろう

材料

バタフライピーティー(花10個ぶん)、水(250ml)、砂糖(大さじ1)、粉ゼラチン(5g)

1枚目の画像

作り方

水を沸騰させたら、ごく弱火にしてバタフライピーティーを入れて、色を抽出します。花をこした液に(ティーパックの場合は不要)砂糖を溶かしたら火をとめて、粉ゼラチンを入れて溶かし(沸騰させない)、あら熱がとれたら容器に流し込み、冷蔵庫に入れて冷やし固めます。

2枚目の画像

できあがりの印象

鮮やかな青いゼリーに。着色料ではなく、天然の色でここまで鮮やかな「青」になるのは、ちょっと感動ものです。

3枚目の画像

色はどう変わるか?

ホットケーキに使った、ハチミツレモンシロップをかけてみました。予想と期待としては、ピンク色に変わっていく…だったのですが、変色せず! 残念ながら、失敗です。ぐるぐる混ぜてもダメでした。

4枚目の画像

なお、バタフライピーティーを飲んだことがない方もいると思いますが、バタフライピーティー自体の味はほとんどないので、シロップのままの味になります。

ただ、「ピー(pea)」という名前のとおり、マメ科の花なので、わずかに豆の風味がします。筆者はみつ豆の寒天に似た味わいを感じるので、寒天で固めて黒蜜をかけるのもありかもな…と思います。

考察とパーティメニューにするポイント

なぜ失敗したのか考えてみると、ゼラチンで固めたので、中まで酸性のシロップが浸透しなかったのでしょう。また、きれいな色を出そうと濃く抽出しすぎたのも失敗の要因だと思います。ごく薄い水色くらいにとどめギリギリまでゆるく固めれば変色してくれる可能性はあるかもしれません。

素直にお茶として出すほうがいいかもしれませんね。これなら、ぱっと色が変わりますよ!

5枚目の画像
もう少し色の抽出をひかえたほうが、より少量のレモン汁で色変わりしたかも。

※動画でリアルタイムで変化を見ると、こうなります(2倍速)

次ページまとめ

<

1

2

3

4

5

6

7

>

レポートのニュースreport news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!