突然「氷の卵」でびっしり埋め尽くされた海岸!?  その正体とは(フィンランド)

spot 2019/11/11
Credit:Risto Mattila

浜辺にびっしりと広がる凍った卵たち。これは一体何なのでしょうか?

上の写真は、今月初め、フィンランドとスウェーデンの境にあるハイルオト島の浜辺で撮影されたものです。

調査によると、どうやらこれは生物の卵ではなく、北欧の気候がもたらした自然現象だといいます。

自然がもたらした奇跡の光景

アイスエッグは、サッカーコート4分の1ほどの面積にわたり無数に広がっており、一つ一つの大きさは、鶏の卵〜サッカーボールくらいとさまざまです。

第一発見者のリスト・マティラさんは、BBCの取材に対し、「妻と散歩をしている際に発見しました。25年近く住んでいますが、こんな光景を見たのは初めてです」と話しています。

気象学専門家のジョージ・グッドフェロー氏によると、「海の氷床がアイスエッグの正体だ」とのこと。

巨大な氷床から氷の塊が分離すると、岸に打ち寄せる波や海風で粉々に砕けていきます。その後、浜辺に打ち上がった氷塊は、波の力で徐々に角が取れ、さらに地面を転がることで、だんだん雪だるまのように丸みを帯びていくのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Risto Mattila(@rismatti)がシェアした投稿

マティラさんがアイスエッグを発見した日は、浜辺に強い海風が吹いており、気温は摂氏マイナス1度を記録していました。

そのおかげで氷は溶けることなく、波に洗われ、見事につややかな卵型が形成したようです。

陸上への進出を目論む海からの侵略者ではないようで、一安心ですね。

なぜ? 大量の「軽石」がオーストラリアに向かって航海中

reference: livescience / written by くらのすけ

SHARE

TAG