発掘史上初、エジプトとローマ文化の混交した「地下墓地」が発見される

history_archeology 2019/11/16
地下墓地が見つかったサッカラ北部/Credit:Egypt Ministry of Antiquities
point
  • エジプト北部・サッカラで、エジプトとギリシア・ローマの両文化が混交した地下墓地が発見される
  • この地下墓地の建造年代は、古代エジプトがローマ帝国の支配下にあった紀元1〜2世紀ごろであると判明

金沢大学およびエジプト考古省は、5日、エジプト北部・サッカラにて、新たにカタコンベ(地下墓地)が発見されたと報告しました。

カタコンベの建造年代は紀元1〜2世紀頃と推定され、この時期は、エジプトがローマ帝国の支配下に置かれていた時期(紀元前30年〜紀元後641年)に当たります。

墓地内には、ギリシャ・ローマ文化由来の装飾品も見られ、考古学史の中では初となる、エジプト文化とギリシャ・ローマ文化の混交したカタコンベの発見となっています。

Credit:ja.wikipedia

約2000年ぶりに陽のもとへ

発見場所となるサッカラは、エジプト北部に位置する広大な古代の埋葬地で、かつての首都メンフィスのネクロポリス(巨大墓地)として機能していました。

サッカラには多くのピラミッドが建造されており、中でもエジプト第3王朝のジェセル王のピラミッドが有名です。

ジェセル王のピラミッド/Credit:ja.wikipedia

ただサッカラの面積は、7km×1.5kmと広い範囲におよび、考古学的な調査がなされてない場所もあります。今回のカタコンベは、まさにサッカラ北部の未調査地帯で発見されました。

カタコンベは、アーチ型の泥レンガ構造でできており、出入り口には階段が設けられています。奥に入ると、縦15m・横2mの細長い部屋がありました。

部屋の内部には、数多くの装飾品が見つかっており、古代エジプトで葬儀目的に使用された石碑やネコをかたどった2つの石像、陶器の人形や数体のミイラなども埋葬されていたようです。

ネコをかたどった石像/Credit:Egypt Ministry of Antiquities

他には、古代エジプトの神・セトやアヌビス、トトが彫刻された石版、高さ約58cmのイシスとアフロディーテの石像も見つかっています。イシスはエジプトの女神、アフロディーテはギリシア・ローマ神話の女神であり、ここに両文化の混交の証拠がうかがえます。

トト、セト、アヌビス/Credit:Egypt Ministry of Antiquities
女神をかたどった像/Credit:Egypt Ministry of Antiquities

カタコンベに眠る女性の正体とは

さらに、地下墓地に埋葬された1人の女性も特定されています。

名前を「デメトリア」といい、彼女をかたどった像がともに埋葬されていました。デメトリア像の側には、彼女のドレスを前足でつかむペットらしき動物も彫刻されています。

デメトリア像/Credit:Egypt Ministry of Antiquities

彫刻の下にはギリシャ語で、「メネラオスの娘、アンモニアの孫娘であるデメトリアに永遠の別れを」と書かれています。デメトリアに関する詳しい出自は不明ですが、かなり高貴な女性であった可能性は高いでしょう。

大昔に永遠の眠りについた女性が、2000年近くもの時を経て現代人とリンクする。何か歴史のロマンを感じますね。

ロシア古代遺跡の地下に世界最古の「キリスト教会」を発見か

reference: livesciencenewsweek / written by くらのすけ

SHARE

TAG