妊娠中にDHAを取ると「子供のIQが上がる」という研究結果

life 2019/12/26
Credit: depositphotos
point
  • 妊娠中の母親の肥満が、生まれてきた子供のIQを有意に低下させていることがわかった
  • 妊娠中にDHAを摂取することで、子供の将来的なIQと集中力を高める効果が期待できる

妊娠中に体の外から摂取する食べ物や薬は、胎児の健康に影響を与えます。同時に母体の健康もまた、胎児の正常な発達には必要不可欠です。

しかし飽食の現代では、妊娠中の健康を維持するには、妊娠に伴う「食欲」にも勝つ必要があるようです。

今回、妊娠中の母親の肥満が、出産後の子供の知能や運動能力を低下させることがコロンビア大学のElizabeth M. Widen氏らの研究によって明らかにされました。

Prepregnancy obesity is associated with cognitive outcomes in boys in a low-income, multiethnic birth cohort
https://bmcpediatr.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12887-019-1853-4

母体の肥満と子供の知能

Credit: pixabay

研究では同じ経済状況と学歴にある妊婦368人の肥満度合いを記録。その後、生まれてきた子供の3歳のときに運動能力を、7歳になったときにIQテストを行い、各能力の発達度合いを調べました。

その結果、母親が肥満している場合(日本人の場合は一般的にBMIが25以上)、標準体型の人に比べて、生まれてきた子供は運動能力・IQともに低下していました。

低下の割合はかなり大きく、妊婦が鉛中毒にかかった場合にも匹敵する程で、肥満のもたらす胎児への影響の大きさが伺えました。

肥満と胎児の関係についてはまだ解明されていない部分が多いですが、研究者たちはこれまでの研究で、肥満の人の体内では、代謝ストレスやストレスに伴う臓器の炎症、過剰な糖を処理するための大量のインスリンが放出されるなど、ホルモンバランスの崩壊が恒常的に起きていることを明らかにしてきました。

妊娠中の母親の胎内で、これらの肥満にかかわる異常が起きたことが、胎児の脳と体の発育に負の影響が出た原因であると、研究者たちは考えているようです。

また今回の研究では、男の子の胎児のほうが、肥満による負の影響を受けやすいことも明らかになりました。

男の子のほうが女の子に比べて、子宮内では脆弱であることがいくつかの研究で明らかになっており、今回の研究でも、その事実を補足する結果になります。

DHAの効果の秘密

Credit:depositphotos

一方で、妊娠中に青魚などに多く含まれるDHAを、1日あたり最低500㎎以上とることで、生まれてくる子供のIQや集中力が高くなることが知られています。

またIQ以外にも、DHAを多くとることで、早産のリスクを、最大で4割も減らすことが研究で報告されている他、DHAの摂取が産後うつの緩和にも役立つことがわかっています。

DHAがここまで強い作用を持つのは、カルシウムが骨にとって重要なように、DHAを含む不飽和脂肪酸は、脳を構成する主要な物質だからです。

妊娠中に適度な体型を維持したまま、DHAを多くとれば( 1日最低500㎎)、生まれてくる子供に与えるIQボーナスを、最大値にもっていける可能性があるのです。

ただし、いくら赤ちゃんのためであっても、DHAは脂肪酸の一種なので、取りすぎれば太ってしまいます。

過度の摂取は控えたいものです。

妊娠中に食べると「頭の良い子供」が生まれる食べ物が見つかる

reference: ScienceDaily/ written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE