意識に変革をもたらすオーバービュー効果は「VR宇宙遊泳」で実践できるかも

science_technology 2019/12/29
Credit:pixabay
point
  • 「ありえない光景」を目にすることで、人間の心にはオーバービュー効果と呼ばれる現象が生じる
  • 宇宙から地球を見下ろす時に生じるオーバービュー効果は、人間に肯定的な意識の変革をもたらすかもしれない

人生を変えるような体験をしてみたいと願う人は少なくありません。

体験を通して、世界に対するみかたや考えかたが変化すれば、自分自身も生まれ変われると信じているからです。

しかし、刺激的であればなんでもいいという訳ではありません。良質で、可能なら多くの成功例があるものがベストです。

研究者たちはこれまで最適な刺激を探し求めてきましたが、今回ついに「宇宙遊泳にたどりついた」と海外メディア「Guardian」が報じています。

オーバービュー効果を求めて

Creedit: depositphotos

地球を宇宙からみる体験をした宇宙飛行士には、オーバービュー効果と呼ばれる共通の感覚が芽生えると言われています。

地球全体を見下ろす「本来ならありえない光景を見る」という体験が、人の心に一種の肯定的なトラウマを与え、独特の陶酔感や恍惚感を与えたり、場合によっては意識の改革さえ促したりこともあるとのこと。

研究者たちは宇宙飛行士の圧倒的なオーバービュー体験を地上で一般の人にも提供できれば、人々の意識を変革し、社会問題の解決にも役立つのではと考えています。

しかし問題となっていたのは、地上でどうやって宇宙遊泳を再現するかでした。

本物の宇宙に近い浮遊感は、塩によって再現された

Credit: depositphotos

そこで注目されたのが、急速に発展してきているVR技術です。

加えて、研究者たちはまず大きなプールの水に塩を加え、人の体液に近い濃度の環境を作り出しました。

こうすることで、ただの水では感じられない宇宙空間に近い浮遊感を再現できるとのこと。

頭に装着したVRを通して、絶妙に調整された濃度の塩水の中で浮遊しながら、地球を見下ろす体験ができるのです。

研究者たちは、この地球を見下ろす神秘的な体験が、人々の価値観や行動原理を変革し、地球に対する考え方を変え、より調和の取れた生活を送れるようにすると考えています。

「ありえない光景」を目にすることで生じた、トラウマに似た心理を利用するのは一見、荒治療に見える方法ではあります。しかし多くの人々の意識が地球との調和を求めるように変化するならば、試してみる価値はあるでしょう。

なにより、本物の宇宙旅行にいくよりは、ずっと手軽なのは間違いありません。

VR空間でアインシュタインになったら本当に成績が上がった人々

reference: theguardian / written by かつ

SHARE