飲みすぎると「死にたくなる」科学的理由とは?

science_technology 2020/01/06
Credit:depositphotos
point
  • 飲みすぎから回復する方法は「待つ」ことのみ
  • 二日酔いで「死にたくなる」のはリラックス成分GABAの生産がブロックされているから

忘年会や新年会が続くと、どうしても飲みすぎることがありますよね。飲んでいる時は楽しいものですが、翌朝から頭痛と憂鬱な気分に苦しむ場合が少なくありません。

「飲みすぎ」に対処する方法はあるのでしょうか?

飲みすぎたときの対処法

Credit:depositphotos

お酒を飲むと、アルコールが胃から小腸に入り、すぐに血中に吸収されます。身体に影響を与えるのはアルコール成分なので、お酒の種類は関係ありません。お酒を混ぜて飲んだり、ちゃんぽんしたりしても身体への影響は変わらないのです。

飲みすぎたときはどうすればいいのでしょうか?答えは単純です。「ただ待つ」ことです。アルコールを身体から除去できるのは、時間だけです。個人差はありますが、一般的に人が缶ビール1本のアルコールを分解するのに約1時間かかります。

飲みすぎたときには「コーヒーを飲む」「シャワーを浴びる」「汗をかく」「水を飲む」「新鮮な空気を吸う」ことが勧められることがあります。確かに、一時的に気分は良くなるかもしれませんが、これらは血中アルコール濃度を影響は与えません。

二日酔いの身体で起こっている6つの作用

Credit:depositphotos

自分の身体が処理できる以上にアルコールを摂取してしまうなら、二日酔いになる可能性があります。二日酔いは大変苦しいものですが、そのとき体内ではどのような反応が起こっているのでしょうか?

①脱水症状

アルコールには利尿作用があるので、脱水症状を引き起こします。脱水症状はめまい、頭痛、眠気、無気力を引き起こします。

②電解質の不均衡

アルコールは電解質(体内機能を調整するために必要なミネラル)のバランスを崩し、疲労感、吐き気、頭痛、筋肉の衰弱や痙攣を引き起こします。

③血管拡張

アルコールが多すぎると、血管が拡張して頭痛を引き起こします。

④グルコース生産が妨げられる

アルコールはグルコース(ブドウ糖)生産を妨げるので、低血糖になります。脳の栄養源であるブドウ糖が不足するので、頭が働かなくなります。

⑥GABAの生産をブロック

アルコールには脳内物質GABAの生産を促す効果があります。GABAは脳を落ち着かせ、不安を引き起こす化学物質グルタミン酸の生産をブロックします。お酒を飲むとリラックスでき幸せを感じるのはこのためです。

しかし、脳はバランスを取ろうとするので、その後、より多くのグルタミン酸を生産し、GABAをブロックします。二日酔いの朝、気分が落ち込んで「死にたくなる」ことがあるのはこのためです。

 

飲みすぎは身体に悪影響を与えます。回復方法は「待つこと」だけですから、飲みすぎにならないように気を付けることが一番大切です。二日酔いにならないためにも、最初から飲む量を決めておくようにしましょう。

精神安定のための「気分別」食べ物7選

reference: sciencealert,smartrecovery / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE