有毒植物「ソテツ」が奄美大島の危機を救った話

story 2020/01/23
ソテツ/Credit: Jamie Lafferty
point
  • ソテツには「サイカシン」と呼ばれる毒素成分が含まれており、一般的に食用には適さない
  • しかし、ソテツが奄美大島の飢饉の時代を幾度も救った過去がある

日本国内でもたまに見かけるソテツは、実は危険な植物として知られます。

ソテツには、サイカシンという毒素成分が含まれており、生のまま食べると、体内に内出血を起こし、肝臓にダメージを与え、最悪死に至る恐れもあるのです。およそ2億8000万年前から存在しており、「生きた化石」と称される有名な植物ですが、食用には適していません。

しかし、有毒植物であるソテツには、奄美大島を救った過去があるのです。

奄美大島を救ったソテツの話

東京よりも台湾にほど近い奄美大島は、温暖な気候でソテツが育ちやすい環境にあります。他の島や国では、有毒なソテツに手を出すことはありませんが、奄美の島民たちは、数世紀にわたり、ソテツを食用として扱ってきました。

奄美大島/Credit: Jamie Lafferty

島民が、ソテツを食用に利用し始めたのは江戸時代(1603-1868)のことです。

当時、奄美大島は、薩摩藩の占領下にありました。よく台風の被害に見舞われ、伝統的な作物を育てるのに苦労したものの、温暖な気候のおかげでサトウキビが育つ国内で数少ない地域の一つだったのです。

薩摩藩は、これに目をつけ、島民たちにサトウキビ栽培を奨励し、それ以外の作物を作ると厳しい罰を科しました。サトウキビを原料にした黒糖を幕府に売ることで、薩摩藩は莫大な富を得ることになります。

ソテツでんぷんを混ぜたご飯/Credit: Jamie Lafferty

しかし、サトウキビが不作に陥ると、島は一挙に飢饉に見舞われ、島民たちは飢えに苦しみました。そこで代わりに食用にされたのがソテツだったのです。島民たちが当時、どのようにしてソテツ毒の安全な抜き方を学んだのかはよく分かりません。おそらく試行錯誤を繰り返し、死人も出たことでしょう。

それでも、ソテツを食べることで、島民たちは飢えを凌いだのです。

ソテツの毒抜きは骨が折れる

今に伝わるソテツの毒抜き法は、かなりの重労働です。

まず、ソテツの硬い皮を剥いて、中にある白い芯を取り出します。それを何度も水にさらし、細かく砕いてさらに水につけ、毒素成分であるサイカシンを水に溶かして、毒抜きをします。

そして、水の底に沈んだでんぷんを集めて団子状にし、天日干しで乾燥させます。これが「「ナリ」と呼ばれる食用でんぷんであり、麺類を作ったり、お米に加えて使われます。最も大事なのは、数週間かけて水にさらすことで、これを怠ると毒が抜けません。

ソテツの芯を取り出す/Credit: Jamie Lafferty

現在、毒抜きの方法を知る島民は減っており、若い世代も島を出て行くので、貴重な知識が後代に受け継がれなくなっています。しかし、ソテツの知識は、奄美が飢餓に襲われるたびに島民たちを救ってきた大切なものです。

江戸時代だけでなく、2度の大戦時には、本土からの食料供給が途絶えたり、不作に陥ったりした際に、やはりソテツが島民の命を救ってくれました。終戦後の食糧難の時代に生きていた島民は、当時を振り返り「ソテツ地獄だった」と語る一方で、「ソテツがなければ、私たちは皆死んでいたでしょう」と続けます。

ソテツの毒抜きを知る島民の方々/Credit: Jamie Lafferty

先祖の知恵は、苦しい時を生き抜く宝となります。ソテツの知識や技術が、今後も若い世代に受け継がれることに期待しましょう。

世界初の海上ホテルが1万4000キロを漂流して流れ着いたのは「北朝鮮」だった

reference: bbcjbpress / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG