恐ろしい気象現象「マイクロバースト」が授業中の体育館を襲うショッキングな映像が公開される(アメリカ)

science_technology 2020/01/16
Credit:Video shows wet microburst damaging Union Intermediate School,CBS 17

上の動画は、米ノースカロライナ州にある中学校の体育館に設置された監視カメラの映像です。

バスケットボールの試合を楽しむ学生たちが、突然の壁を破壊してきた突風に驚き、逃げ惑う様子が映されています。

現地の報道によると、これはマイクロバーストという気象現象による被害であるとのこと。

なぜこんなことが起きてしまったのでしょうか?

極端な気象現象『ダウンバースト』

マイクロバーストのイメージ。/Credit:Wikipedia Commons

マイクロバーストはダウンバーストという現象の一種で、積乱雲から急激な下降気流が発生する現象です。

航空機がダウンバーストに巻き込まれて墜落したという事故も稀に発生しているので、耳にしたことがある人は多いでしょう。

ダウンバーストの風速・風向の広がりが直径4km未満の場合がマイクロバースト、直径4km以上の場合はマクロバーストという分類になります。

今回の体育館を襲ったマイクロバーストの風は、時速137kmに達しており、体育館の屋根や壁を造る石膏や木製の梁、レンガ、パイプ、ガラスを物ともせずに全て破壊してしまいました。

当校の校長は「非常に突発的に発生した被害で、事前に警告やアラートなどを受け取ることはできなかった」と語っています。

湿ったマイクロバースト

Credit:National Weather Service

今回非常に大きな被害を受けたのは、水を含んだ湿ったマイクロバーストだったからと言われています。

ダウンバーストは強い上昇気流で発生した積乱雲から大量の水滴が落下することで、空気が物理的に押し下げられて発生します

このとき地上付近の大気が非常に湿っていて、上空の方が乾燥していた場合、降水に巻き込まれた乾燥した大気が雲の中に引き込まれ、そこで雨を激しく蒸発させます。これは大量の気化熱を奪って空気を冷却し、激しい雨を伴った湿ったダウンバーストを発生させます。

冷たい空気は通常の温かい空気より重いので、この冷却された空気に巻き込まれて落ちる雨は、まるで水風船を地面に叩きつけて爆発させたような衝撃波を発生させるのです。

マイクロバースト発生の様子。/Credit:National Weather Service

マイクロバーストは竜巻と似た突風を生み出す現象ですが、円形に空気を巻き込んでいく竜巻と異なり、衝撃点から放射状に直線的な被害を引き起こします。

この災害で、3人の学生が病院に搬送されましたが、現在は全員退院しており、重傷者や死者はいなかったとのことです。

全校集会のような、大勢の学生が集まっている時に発生したなかったのは不幸中の幸いですね。

巨大な気象現象「大気重力波」とは?気象衛星ひまわり8号が捉えた映像がスゴイ

reference: sciencealert,NWS / written by KAIN
あわせて読みたい

SHARE

TAG