半透明なカエル「グラス・フロッグ」、ボリビアで18年ぶりに再発見される

animals_plants

Credit: Matthieu Berroneau
point
  • 半透明の肌を持つ「グラスフロッグ」が、ボリビアで18年ぶりに発見される
  • 下腹あたりはほぼ透明で、内臓や心臓の様子が詳しく観察できる

半透明の肌を持つカエルが、ボリビアで18年ぶりに再発見されました。

「ボリビア・コクランガエル(Bolivian Cochran frogs)」は、透き通る見た目から通称「グラスフロッグ」と呼ばれています。

主な生息地は南米のアンデス山脈ですが、ここ20年近くは一度も発見されていなかったようです。

体内がクッキリ見える!

Credit: WEBGUZS

発見は、今月8日。ボリビアの都市コチャバンバ東部に位置する「カラスコ国立公園」で保護されました。

全部で3匹のグラスフロッグが見つかっており、重さは70〜80g、体長は1.9〜2.4cmほどです。

現在、同地では水力発電の敷設計画が進んでおり、それに伴って生物たちの生息地も消滅の危機にあります。今回の発見は、そうした爬虫類や両生類を保護する活動の一環の中で行われました。

Credit: MARIA OGRZEWALSKA

体表の大部分は半透明ですが、下腹のあたりはほぼ完全に透明で、内臓や心臓の鼓動する様子もクッキリと見えます。

解剖しなくても、グラスフロッグの心臓は白く、骨や声帯嚢は深い緑色をしていることが分かります。

なぜ透明な体になるのか?

Credit:参天製薬

透明な体になるために必要な条件は、体に入ってくる光を散乱させず透過させるだけでなく、周囲の空気や水と近い屈折率を保たねばなりません

そのような透明な組織は、実は人間にも存在します。人間の目に存在するレンズです。

レンズが透明なのは、繊維状のタンパク質が整然と配置され、水晶のように巨大な構造をつくれるからです。

このタンパク質は透明化に必要な、「可視光を散乱させることなく空気や水と近い屈折率を保つ」という条件を満たすことができます。

また、赤血球のような「色素を持つ細胞」の分布が薄いことも重要になります。

人間のように赤血球の濃度が濃いと、色素の色が反射してしまうからです。

透明な体をもつ動物のタンパク質や細胞分布も、同じような特性を持っていると考えられます。

カエルたちはどこに?

Credit: Carlosdiazgar

3匹のカエルは、現在、ボリビアのアルシド・ドルビニ自然史博物館にあるカイラ両生類保護センターにて保護されています。

研究チームは、今後、グラスフロッグの生態を調べ、繁殖活動を進める予定です。

カエルの生きた細胞だけを使った「生ロボット」の作成に初成功

reference: bbcremezclanewsweek / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG