space

もし宇宙で音が伝わったら「太陽の音」はどう聞こえるの?

2021.01.27 Wednesday

2020.02.07 Friday

1枚目の画像
Credit:NASA

宇宙空間は真空で音が伝わりません。

でも、もし音の伝わる空間だったらどうなるでしょう?

こうした思考実験で、気になるのが太陽の騒音です。

太陽活動によって生じる運動エネルギーが、音エネルギーへ変換されて光のように伝わってきたとしたら、地球はどうなるのでしょうか。

耳障りな太陽の不協和音は、夜明けとともに始まり、爽やかな風の音も、鳥のさえずりもかき消してしまい、目の前の人と会話するのも困難になるかもしれません。

そんな日常は考えたくありませんが、そんな太陽の音が届く地球を想像してみましょう。

太陽の騒音問題

もし地球の大気圏内と同じように、宇宙で音が伝わると仮定した場合、太陽は恒久的なホワイトノイズの発生源になります。

最近太陽表面を撮影した映像が公開されましたが、そこではテキサス州サイズ(日本国土の1.8倍)のプラズマのあぶくが100万個以上、絶えず沸騰しているような状態でした。

2枚目の画像
Credit:NSO / AURA / NSF

これは途方も無い音響エネルギーを放っています。

サウスウエスト研究所の太陽物理学者Craig DeForest氏は、もし太陽の音が地球まで伝わったなら、地上では日中絶えず約100デシベルの騒音が鳴り続けるだろうと話します。

100デシベルというと、すぐ近くの雷の音、ロックコンサート会場、ガード下の騒音レベルです。

滝壺の近くは90デシベルと言われているので、こうなると日中は近くの人と会話することさえ困難な状態になるでしょう。

この騒音は様々な周波数成分が含まれるため、鈍い轟きのように聞こえるだろうと考えられます。

夜になれば、太陽は地球の背に回るため、光と同様に騒音も収まるかもしれませんが、日中常にうるさいというのは溜まったものではありません。

次ページ騒音に包まれた地球

<

1

2

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!