刺されると死ぬほど痛い木「ギンピ・ギンピ」とは

animals_plants 2020/02/17
Credit:Hugh Spencer
point
  • ギンピ・ギンピという植物に刺されてしまうと、神経毒によって死ぬほど痛い
  • 耐え難い痛みは刺されてから数か月以上継続する

「あなたが想像できる最悪の痛みです。その痛みは、酸で焼かれると同時に感電するようなものです。」

当時ジェームズクック大学の大学院生だったマリーナ・ハーレー氏はギンピ・ギンピ(Gympie-Gympie)という名前の「刺す木」によってひどく苦しみました。

彼女は3年間をギンピ・ギンピの研究に費やしましたが、最終的には入院とステロイド治療が必要になりました。

「刺す木」ギンピ・ギンピ

Credit:Marina Hurley

オーストラリアに生育しているギンピ・ギンピは一見どこにでもある植物です。1メートルほどの低い木であることが多く、ギザギザとした葉が備わっています。

一般的な見た目とは裏腹に、ギンピ・ギンピ全体は刺毛で覆われており、非常に強い毒性を持っています。

その痛みは尋常ではなく、刺された人たちに「死ぬほど痛い」と感じさせます。

この表現は決して大袈裟なものではありません。実際にオーストラリアにはギンピ・ギンピの伝説が数多くあります。

  • ギンピ・ギンピに刺された馬は、発狂し2時間以内に死亡した。
  • 刺された馬が断崖絶壁から飛び降りた
  • 林業労働者たちは手に負えない痛みを和らげるために、泥酔している

 

このような神経毒ゆえに、ギンピ・ギンピは「世界で最も有毒な植物の1つ」とされています。

ギンピ・ギンピに刺され、死ぬほど痛い思いをした人たち

Credit:Marina Hurley

実際にギンピ・ギンピの痛みを経験した人からの報告もたくさんあります。

オーストラリアの元軍人のシリル・ブロムリー氏は、1994年の手紙で軍事訓練中にギンピ・ギンピの木の上に落ちたことを説明しています。

彼は、3週間にわたって病院のベッドに縛り付けられ、痛みで狂ったように暴れるしかありませんでした。

また、ブロムリー氏によると、ギンピ・ギンピの葉を「トイレ用」に使用してしまった将校は、その後、銃で自殺したとのこと。

アーニー・ライダー氏は1963年に、この植物の葉で顔と腕と胸を負傷しました。

彼は当時のことを次のように述べています。

「2、3日の間、その痛みは耐えられないものだった。私は働くことも眠ることもできず、2週間ほど酷い痛みで苦しんだ。その後も痛みは2年間続き、冷たいシャワーを浴びる度に激痛を感じた。その痛みに匹敵するものはない。他のどんな痛みと比べても、10倍以上の痛みだ。」

ギンピ・ギンピの電子顕微鏡写真/Credit:Marina Hurley

ギンピ・ギンピの神経毒の正体はモロイジンという有機化合物であり、長期間激痛をもたらすことが判明しています。

もし、ギンピ・ギンピに刺されてしまったなら、どのように対処すべきでしょうか。

科学者のヒュー・スペンサー博士は「最も重要なことは、刺された部位をこすらないこと」だと述べています。

彼によると、10倍に希釈した塩酸を塗布した後、ワックス脱毛によって刺毛を除去するなら、1時間半以内に激痛が緩和するとのこと。

現在でも、ギンピ・ギンピはオーストラリアの熱帯雨林を訪れる人たちにとって脅威となっています。

オーストラリアを訪れた際は、「死ぬほど痛い」木に刺されないよう注意しましょう。

死を呼ぶ木。下に立つだけでヤバイ世界一危険な樹木「マンチニール」

reference: australiangeographic / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG