地球に期間限定のミニムーンを発見!今後”本物”の第2の月が現れる可能性は?

Credit:depositphotos
point
  • ミニムーンは小惑星帯からやってきて、期間限定で地球の衛星になった
  • ミニムーンは、希薄で複雑な相互作用によって、やんちゃな軌道になる

地球を周回しているのは、約5,000体の人工衛星と50万個の人工破片、そして唯一の自然衛星である「月」です。

しかし、アリゾナ州カタリナ・スカイサーベイの2人の天文学者は2月15日に、地球を周回している小さな「第二の月」を発見しました。

第二の月が発見されたのは、2006年の「2006 RH120」に続いて2つ目となります。

新しく発見されたミニムーンは「2020 CD3」と名付けられました。

このミニムーンはやんちゃな軌道で知られており、地球の周りをランダムに回っているようです。

ミニムーンはどこから来たのか?

ミニムーンは自動車サイズの非常に小さな惑星です。

この小さな新しい月はどこからやってきたのでしょうか?

ミニムーンの軌道を調べると、突如私たちの前に現れた理由が見えてきます。

ミニムーンは、火星と木星の軌道の間の小惑星帯で発生したものと考えられています。そこから太陽の軌道上を周回していました。

そして、たまたま地球の近くを通った際に、地球の引力に捕らわれてしまったようです。

しかも地球の引力に捕らわれたのはかなり前のことだと予想されています。

アマチュア天体物理学者とサンフランシスコ高校の物理学教師であるトニー・ダン氏は、ミニムーンの軌道シミュレーションを作成しました。

ダン氏によると「ミニムーンは3年前から地球の引力に閉じ込められており、2020年4月には地球から離れていく可能性が高い」とのこと。

次ページミニムーンはやんちゃ!きれいには回ってくれない

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE