「空から炎が…」人類最古の居住地が彗星の落下によって壊滅していた可能性

geoscience

Credit: news.ucsb.edu
point
  • 人類最古の居住地「テル・アブ・フレイラ(シリア北部)」は、彗星の落下により壊滅したことが示唆される
  • その時期が約1万2800年前の「」の始まりとリンクしていることが判明
  • 本研究は、の発生原因が、彗星の落下にあることを示すものとしても重要

シリア北部にある古代遺跡「テル・アブ・フレイラ」は、人類が居住した世界最古の集落として有名です。

また、先行研究により、約1万3000年前に穀物栽培の痕跡が発見されており、現在のところ、人類最古の農業の例にもなっています。

そんなテル・アブ・フレイラについて新たな事実が発覚しました。

カリフォルニア大学によると、テル・アブ・フレイラは約1万2800年前に彗星落下によって壊滅していた可能性が高いというのです。

しかもこの彗星は、(同時期の急激な寒冷化現象)を引き起こした原因とも指摘されています。

研究の詳細は、3月6日付けで「Scientific Reports」に掲載されました。

Evidence of Cosmic Impact at Abu Hureyra, Syria at the Younger Dryas Onset (~12.8 ka): High-temperature melting at >2200 °C
https://www.nature.com/articles/s41598-020-60867-w

サンプル中に謎の「ガラス状物質」

テル・アブ・フレイラはかつて、シリア北部・アレッポから東に120キロ離れたユーフラテス川中流の台地上にありました。しかし、1973年の巨大ダム建設により、現在はアサド湖の底に眠っています。

湖が形成される以前に、遺跡から、住居の残骸や穀物、食物、当時使われた道具の数々が発掘されており、それをもとに研究が進められていました。

Credit: Scientific Reports (2020)

その中で最も重要な事実は、採集したサンプルに超高熱を受けて形成されたと思しきガラス状物質が見つかったことです。これは、当時の人類が生み出せるような温度ではありません。

物質内の化学組成や形状、形成温度などを分析した結果、クロムや鉄、ニッケル、チタン、さらにはプラチナやイリジウムを豊富に含む溶解鉄が特定されました。

また、形成温度は、すべて摂氏2200°C以上だったことも分かっています。

研究主任のジェームズ・ケネット名誉教授は「この温度は、自動車を1分とかからずに溶かしてしまうほど」と指摘します。

」を引き起こした彗星か?

これほどの超高温を生み出せる現象、そして1万2800年前にヤンガードリアスが始まったことを考慮すると、「彗星の落下」が最有力となります。

は、最終氷期(約7万〜1万年前)が終わり、温暖化に向かっていた中で急に起きた寒冷期のことです。

その正確な原因は不明ですが、北米大陸への彗星落下が原因ではないかと言われています。彗星の衝突により巻き上がったチリが空を多い、北半球を中心に広い範囲で寒冷化を引き起こしました。

そして、の影響が及んだ地域の最東端にシリアが位置しているのです。

発見されたガラス状物質/Credit: Scientific Reports (2020)

さらに、アメリカやカナダにある約1万3000年前のYDB層(Younger Dryas Boundary)から、彗星落下を暗示する極小のガラス物質が発見されているのですが、テル・アブ・フレイラで見つかった物質は、それらと特徴が一致しているのです。

以上を踏まえ、ケネット氏は「地球に落下してきた彗星が上空で爆発し、その断片がテル・アブ・フレイラに衝突した」と推測します。

断片とはいってもその威力はすさまじく、居住地を瞬時に壊滅させたでしょう。

本研究は、彗星衝突により滅んだ人類最古の居住地を示すだけでなく、の原因が彗星にあることを裏付けるものともなっています。

80万年前に地球に衝突した隕石 クレーターの場所がついに特定される

reference: phys.orgnews.ucsb / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG