「世界が終末に近づいている」2000年前の投石弾を盗んだ男性が15年越しに返還

history_archeology

返還された投石弾/ Credit: Moshe Manies
point
  • 盗まれていた2000年前の投石弾が、15年ぶりに匿名で返還される
  • 犯人の返還理由は「コロナ騒動で世界の終末を感じ、良心に従いたいと感じた」とのこと

イスラエル考古学庁(IAA)は、16日、「15年前に盗難被害に遭っていた約2000年前の投石弾が返還された」と発表しました。

返還した匿名の男性は、投石弾を盗んだ本人とのこと。

返還理由については、同封した手紙で、「世界の終末が近づく今、自分の良心に従い、15年間の罪を償いたい」と述べています。

どうやら男性は、コロナ騒動で荒れる世の中に直面して世界の終わりを感じ、投石弾を返す決心がついたとのことです。

投石弾は「エルサレム陥落」の時のもの

IAAの考古学者ユヴァル・バルーフ氏によると、返還された投石弾は、2000年近く前のエルサレム陥落時に、ローマ軍に使用されたバリスタの石弾であるとのことです。

エルサレムのユダヤ人と古代ローマ帝国との間で勃発した「ユダヤ戦争」は、西暦66〜73年まで続きました。

そして、西暦70年に起こった「エルサレム攻囲戦」にて、バリスタが使用され、66年以来ユダヤ人の反乱軍が立てこもっていたエルサレムが陥落したのです。

Credit: Shalom Kveller, courtesy of the City of David Archives

バリスタは、ターゲットとなる要塞を包囲した軍隊に用いられる古代のミサイル兵器で、投石により壁を破壊します。

エルサレム攻囲戦では市街のほかに、聖地のエルサレム神殿も破壊されました。

生き残った一部のユダヤ人は、73年に玉砕するまで戦い続けたそうです。

盗んだ石が15年間「心の重し」になっていた

匿名の男性は、自ら返還したのではなく、モシュ・マニーズさんという男性の代理人に頼んでいました。

マニーズさんによると、男性は15年前の若い時分に、イスラエルの「ダビデの町国立公園(City of David National Park)」に展示されていた投石弾をもう一人の仲間と一緒に盗んでしまったそうです。

ダビデの町は、エルサレム旧市街の南側にあり、考古学的な発掘調査が行われています。歴史的な遺物の一般公開もよく行われていました。

Credit: Uzi Rotstein, Israel Antiquities Authority

その後、男性は結婚して家庭を築き、一家の主となりましたが、15年の間、盗んでしまった投石弾が心の重しになり、罪に苛まれていたそうです。

しかし、現在、世界で猛威をふるうコロナウイルスを前に黙示録的な感情がかき立てられ、マニーズさんに返還を頼みました。

投石弾を受け取ったIAAのウジ・ロットスタイン氏は「国の遺産を盗むことは、歴史的な物語の連続性に穴を開け、過去の理解に悪影響を与える」と述べた上で、返還した行動については勇気ある行動を称賛しています。

これで男性の罪悪感も少しは軽くなったことでしょう。

「サビの塊」を9ヶ月磨いたら2000年前の古代ローマ戦士の「銀」の短剣だった

reference: timesofisrael / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG