寄生虫「アニサキス」が過去40年間で283倍に増加していた

biology

Credit: Togabi/Wikimedia Commons
point
  • 腸壁に住み着く寄生虫「アニサキス」が40年間で283倍に激増した
  • アニサキス激増の原因は、海洋哺乳類保護法だった?

海洋生態系の変化は、一部の海洋生物の個体数に大きな影響を与えます。

最近、統計によって明らかになった報告は、生態系の変化とその背後にある人為的介入のジレンマを示唆するものとなりました。

米国ワシントン大学の水生水産科学学科のチェルシー・L・ウッド助教らの研究チームは、すべての魚介類に寄生する寄生虫アニサキスが、1970年代以降、283倍にも増加していることを報告しています。

アニサキスの爆発的な増加は、一部の脆弱な海洋哺乳類の回復を困難にしているかもしれません。

報告の詳細は3月19日、「Wiley Online Library」誌に掲載されました。

It’s a wormy world: Meta‐analysis reveals several decades of change in the global abundance of the parasitic nematodes Anisakis spp. and Pseudoterranova spp. in marine fishes and invertebrates
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gcb.15048

寄生虫アニサキスが283倍に

Vector illustration. Original paintings and drawing.

アニサキスは寄生虫の一種であり、サケ、サバ、アジ、イカ、タラといった魚介類に寄生します。

その幼虫は体調2~3cmほどであり、一見、白い糸のようです。魚が生きているうちは内臓に寄生していますが、死亡後は、内臓から筋肉に移動することがあります。

人や動物が魚介類を介して生きたアニサキスを食べてしまうと、アニサキスは腸壁に侵入し、吐き気や嘔吐、下痢などの食中毒症状を引き起こします。

研究チームの調査によると、これまでの何千もの論文が、特定の場所と時期にアニサキスの増加が観察されたことを報告しているようです。

これらの論文の結果をすべて組み合わせることで、アニサキスの世界的な数が、時間と共にどのように変化したかを知ることができます。

調査の結果、1978年から2015年までの約40年間の間に、魚介類に寄生していたアニサキスの量は283倍増加したことが分かりました。

アニサキス激増の原因は?

Credit: Wood et al

アニサキスが過去数十年間で大幅な増加を引き起こした原因は未確定のままです。もしかしたら、気候変動や肥料流出による栄養素の増加が関係しているかもしれません。

また、研究者たちは、アニサキス激増に「アニサキスのライフサイクル」と「海洋哺乳類の増加」が関係しているかもしれないと考えています。

通常、アニサキスの卵が海で孵化すると、その幼虫はエビやカイアシ類などの小さな甲殻類に寄生します。

これらの甲殻類を小さな魚がエサにし、その小さな魚を大きな魚がエサにします。この時点で、わたしたちの身近な魚は既にアニサキスに寄生されていることになります。

そして、寄生された魚を食べることで、人間や、アザラシやアシカ、クジラ、イルカなどの海洋哺乳類に感染します。

アニサキスは人間の体内では数日以上繁殖することも生きることもできません。しかし、海洋哺乳類の腸内では生き続け、繁殖が可能です。

そして腸内で繁殖したアニサキスたちは、糞を介して海中に放出されます。このようなサイクルでアニサキスは増殖していくのです。

もちろん、このサイクルの過程で繁殖前に死んでしまうアニサキスも多いので、通常は爆発的に増加することはありません。

しかし、繁殖地となる海洋哺乳類が増加するなら、アニサキスの数も必然的に増えていくでしょう。

Credit:depositphotos

1972年以来、海洋哺乳類は保護法の下で保護されるようになりました。結果、海洋哺乳類の成長と増加が促進されてきました。

ここで、「海洋哺乳類保護法がアニサキス増加に寄与した」という仮説が浮かびます。

ウッド助教は「アニサキスの増加は海洋哺乳類の増加と同じ期間に発生したため、これはもっともらしい仮説である」と述べています。

海洋哺乳類の保護法は、海洋哺乳類の全体数を増加させています。しかし、それらがアニサキス等の寄生虫の増加も助長しているなら、当然、感染リスクも激増します。

結果として、感染に弱い「脆弱な絶滅危惧種」の回復が困難になっている可能性があります。

「保護のための人為的介入」が、生態系の変化をもたらし「保護対象を弱める」というジレンマが生じているかもしれないのです。

セミに寄生して、オスメス関係なく交尾させる菌がいる

reference: phys / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG