『ホビット』の巨竜の子孫?南アで「スマウグ・トカゲ」の新種が発見される

animals_plants

新種の「スマウグ・スワジカス」/Credit: Edward Stanley
point
  • 『ホビットの冒険』に登場する巨竜スマウグにちなんだ「スマウグトカゲ」の新種が発見される
  • スマウグトカゲの生息域は、南アフリカの高山地帯のみで、数も少ないため、保護の必要性がある

現生する「オオヨロイトカゲ(学名:スマウグ・ギガンテウス)」の名前は、トールキンのファンタジー小説『ホビットの冒険』に登場する、黄金を守る巨竜・スマウグに由来します。

実際、頭部や体表を覆う骨ばったトゲは、さながらスマウグがまとう鎧のようです。

スマウグ属のトカゲは、これまでにわずか8種類しか確認されておらず、生息域も南アフリカの高山地帯に限られています。

しかし今回、南アフリカ博物館のマイケル・ベイツ氏とフロリダ自然史博物館のエドワード・スタンリー氏により、記念すべき9種目のスマウグトカゲが発見されました。

研究の詳細は、3月25日付けで「PeerJ」に掲載されています。

A taxonomic revision of the south-eastern dragon lizards of the Smaug warreni (Boulenger) species complex in southern Africa, with the description of a new species (Squamata: Cordylidae)
https://peerj.com/articles/8526/

見た目に反して実は大人しい?

新種は、発見場所のアフリカ南部・エスワティニ王国(旧スワジランド)の名前を冠して、「スマウグ・スワジカス(Smaug swazicus)」と命名されました。

エスワティニは、スマウグ属のほとんどが発見された場所として知られます。

「スマウグ・スワジカス」、背部(A)と腹部(B)/Credit: peerj

スマウグ・スワジカスは、他のスマウグ属と同様、体表が重厚なヨロイに覆われていますが、黄色の帯が部分的に入っているのが特徴です。

発見された個体は、全長およそ33センチメートルにおよび、同地に生息するトカゲの中では最大級と言われています。

頭部のスケッチ/Credit: E.L. Stanley

いかつい見た目をしている一方で、性格は穏やかで、非常に大人しいそうです。

発見者のスタンリー氏は「1日の大半を岩の間に隠れて過ごし、食べられないことに全神経を集中しているので、他の生物と争うこともない」と話します。

(A)のような岩場に隠れて過ごす/Credit: peerj

また、「普段から人のいない場所に住んでいるせいか、私たちをまったく恐れておらず、膝の上や腕の中に飛び込んでくることもあった」と続けています。

「スマウグ」を保護せよ!

David Demaretによるスマウグの絵/Credit: ja.wikipedia

トールキンの説明によると、「スマウグ」の語源は、ゲルマン祖語の動詞「smúgan(穴に体を押し込む)」の過去形とのこと。

岩に体を推し込んで隠れるスマウグ・スワジカスには、ぴったりの名前でしょう。

また、他の数種のスマウグ属が発見されている「ドラケンスバーグ山脈(エスワティニの南西部に位置)」は、アフリカーンス語(インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派)で「竜の巣くう山々」を意味します。

スマウグ・ギガンテウス、確かに似ている?/Credit: en.wikipedia

一方、スマウグ属は、数が少なく、生息域も狭いため、絶滅の危険性が危惧されています。

もし今後、スマウグ属が、温暖化の影響で低温環境を求め、今よりさらに山頂部に移動すれば、身を隠すための岩場がなくなっていきます。

こうした穏やかな生物は、身を隠す環境があればこそ生き残れるので、このまま温暖化が加速すれば、長きにわたる進化の歴史が数十年で失われることになるでしょう。

研究チームは、今後、スマウグ属の保護活動を進めていく予定です。

なんやこいつ!?頭から泡を出して16分間潜水する奇妙なトカゲ

reference: phys.org / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG