science technology

この世界は本当に現実なの?5分でわかるシミュレーション仮説の可能性

2020.03.28 Saturday
1枚目の画像
Credit;Vsauce3

私たちは現実の存在ですか?

もしそうだとするなら、何がそれを証明しますか?

私たちが、何者かのコンピューター内の「シミュレートされた存在」である可能性はないでしょうか?

このような仮説は「シミュレーション仮説」と呼ばれています。

Vsauce3 YouTubeチャンネルのホストであるジェイク・ローパー氏は、彼のチャンネルで「シミュレーション仮説」について解説。ある条件を満たせば「意識も文明もシミュレーションは可能だ」と述べています。

以下で説明する「5つの仮定」が立証できる場合、わたしたちは「シミュレーション」なのかもしれません。

私たちはシミュレートされているのかも?

私たちの「脳」や視覚などの「感覚」には限界があるので、宇宙の本質をそのまま経験することはできません。

ですから、それらを学ぶために、「道具」や「概念」を活用しています。

2枚目の画像
Credit;Credit;Vsauce3

例えば、私たちは実際に非常に遠く離れた宇宙を「目」で確認することができません。最新の望遠鏡を使っても、銀河系の詳細な仕組みを直接確認できないのです。

そんな時に役立ってきたのが「シミュレーション」です。

私たちが観測できる範囲の宇宙や、自然法則の情報を組み合わせて、コンピューター内で仮想空間を作りあげるのです。

それらをコンピューター内で作動させることで、動きや仕組みを予測することができます。

3枚目の画像
Credit;Vsauce3

これがあれば、もしかしたら将来、宇宙全体をシミュレートすることも可能かもしれません。

では、もし宇宙全体のシミュレーションが可能なのであれば、「既にそうなっている」とは考えられないでしょうか?

私たちが「シミュレートする側」なのではなく、「シミュレートされる側である」と考えることができないでしょうか?

4枚目の画像
Credit;Vsauce3

私たちは、何者かがコンピューターでシミュレートした世界の住人なのかもしれないのです。

ローパー氏は「そう仮定するためには、いくつか条件ある」と答えています。

もちろん仮定の話なので、話半分で、あくまで仮定の話として進めていきましょう。

5枚目の画像
Credit;Vsauce3

ローパー氏は、オクスフォード大学教授であるニック・ボストロム氏の「シミュレーション論争」の改変されたバージョンに基づいて、5つの仮定を用意しました。

もし、それらの仮定が「真」であるなら、私たちはシミュレーションの中で生きていることになります。

次ページ仮定1:意識のシミュレーションは可能

<

1

2

3

4

5

6

>

サイエンス&テクノロジーscience technology

もっと見る

Special

注目pick up !!