車 VS トランポリン どっちが勝つの?

science_technology

Credit:Mark Rober
point
  • 巨大で頑丈なトランポリンを作成
  • 自動車を45mから落としても、トランポリンが壊れることはなかった

エンジニアであり発明家でもあるyoutuberのマーク・ロバ―氏は、自身のチャンネルで、巨大なトランポリンを作成しました。

トランポリンはそれぞれが200kgをサポートできる144個のドアスプリングで作成されており、非常に頑丈です。

その後、45メートルの高さからいくつかのアイテムが落とされ、トランポリンの強度がテストされました。アイテムの中には、自動車も含まれています。

果たして、自家製トランポリンは自動車にも勝てるのでしょうか?

詳細は、ロバー氏のチャンネル(Youtubeへ)で確認できます。

通常のトランポリンであれば、石球が落ちてくるだけでも破壊されてしまうものです。

Credit:Mark Rober

そのため、ロバー氏は強力な材料でトランポリンを自作することにしました。

作成された鉄製のトランポリンは耐久性に優れたケブラー繊維が用いられています。

Credit:Mark Rober

加えて、それぞれが200㎏に耐えることのできる144個のドアスプリングも使用されています。

この頑丈なトランポリンの総重量は2トンにも及びます。

45メートルから落下するアイテムたちとの勝負は、どんな結果になるのでしょうか?

20個のスイカ

Credit:Mark Rober

スイカは粉々になりました。トランポリンは全くの無傷です。

Credit:Mark Rober

30kgの石球

Credit:Mark Rober

石球は高くバウンドし、飛んでいってしまいました。

トランポリンは無事です。

Credit:Mark Rober

インパクト時、トランポリンの上に設置されていたたくさんのボールが飛び散っています。

水が入ったゴムボール

Credit:Mark Rober

ゴムボールは高くバウンドしました。

Credit:Mark Rober

インパクト時、ゴムボールの形状が大きく変化し、表面は波打ってます。

いよいよ…自動車!

Credit:Mark Rober

結果は…

Credit:Mark Rober

トランポリンの勝利でした!

高く跳ね上がった自動車は、この後地面に追突して大破しました。トランポリンにはほとんど影響がなく、スプリングが1つ取れただけだったのです。

自作トランポリンは、45mの高さから自動車が落ちてきても壊れることのないほど頑丈なものでした。これなら人間も安心してトランポリンを飛べますね。

ロバー氏によると、トランポリンの次の挑戦者は「ボート」とのこと。

重力に逆らってる!? テンセグリティ構造の不思議な仕組みを解説

reference: twistedsifter / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG