なぜ優秀なクリエーターほど創造力の源が右脳から左脳に変化するのか?

brain

高い熟練度の奏者が活性化している部分が赤、低い熟練度の奏者が活性化している部位が青で示されている。高い熟練度の奏者は左脳後方と中央部に高い活性がある一方で、低い熟練度の奏者は右脳前方に高い活性がある/Credit:NeuroImage
point
  • 熟練することは、創造の泉を右脳から左脳に変えていた
  • 作品の演奏で高評価を得るには、総合的には左脳の活性が必要
  • 低評価を受けた演奏は、前頭葉の理屈が活性化していた
  • 一発屋で終わらないためには熟練した左脳の創造性と初心者としての右脳の創造性の2つがいるかもしれない

「革新的な右脳型人間」と、「論理的な左脳型人間」。

人気のある説ですが、近年の研究によって、人間の能力を右脳と左脳に画一的に分割することにあまり意味がないことがわかってきました。

ですが、それでも創造性に関する右脳信仰は根強く存在します。

創造性は特別な存在であり、故に脳内でも特別な部位で行われているべき、との考えが強いからです。

しかし今回、アメリカ研究者たちによって、右脳信仰にとどめをさす研究が行われました。

即興中のジャズ奏者の脳を詳しく分析したところ、創造性は初心者のうちは右脳で発揮されるものの、熟練と同時に左脳で発揮されることが証明されたからです。

今回の研究は多くのクリエーターが感じていた「慣れ」や「熟練」の感覚を新たな視点から説明するものになりえます。

しかし、なぜ「慣れ」や「熟練」は創造の泉の湧きどころを変えてしまうのでしょうか?

研究結果はペンシルベニア州にあるドルセルク大学のデイビッド・ローズン氏らによってまとめられ、オンラインで公開された後、学術雑誌「NeuroImage」の5月号に掲載される予定です。

Dual-process contributions to creativity in jazz improvisations: An SPM-EEG study
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1053811920301191?via%3Dihub

創造性は熟練すると湧き場所が右脳から左脳にかわる

高い熟練度の奏者が活性化している部分が赤、低い熟練度の奏者が活性化している部位が青で示されている。高い熟練度の奏者は左脳後方と中央部に高い活性がある一方で、低い熟練度の奏者は右脳前方に高い活性がある/Credit:NeuroImage

仮説を実証するにあたって、研究者はジャズ奏者の脳を調べることにしました。

実際の実験にあたっては、32人のジャズ奏者の脳の脳波を、即興が行われる中で記録し、比較しました。

即興は音楽の中でも最も創造性が求められる区分だからです。

結果、経験の浅いジャズ奏者は演奏中に右脳が活性化しており、熟練したジャズ奏者は左脳及び中央部が活性化していることがわかりました。

このことは、技能が熟練されるに従い、創造性の働く場所が右脳から左脳に移ると同時に、活性化される範囲も広がったことを意味します。

左脳は自動化されたプロセスを得意としており、創造性の泉が左脳にうつったことで、熟練者は無意識的な創造を可能にしていたと考えられます。

またプロセスが自動化されることで、創造に必要なコストも低下し、脳のリソースを高品質化に裂けるようになったことが示唆されました

これは多くの分野の熟練した(プロの)クリエーターたちが、直感的に感じていた内容でもあるでしょう。

創造性が自動化に組み込まれたことで、熟練したクリエーターは高品質の仕事を、安定的に提供できるようになっていたのです。

伝説のジャズトランペッターであるMiles Davis氏も「演奏が先、曲名は後から教える(I’ll play, and tell you what it is later)」と述べています。

理屈が優先されると作品の質が落ちる

高評価に関連付けられた活性部位は赤、低評価に関連付けられた活性部位は青で示されている(上の図とは赤と青の意味が違うので注意)。前方(Front)部分の前頭葉で理屈が活性化してると、作品は低評価をうけることがわかった/Credit:NeuroImage

今回の研究では、脳波を測定する一方で、32人のジャズ奏者が演じた作品の評価も行われました。

その結果、他者から高い評価を受けた作品は、奏者の左脳後部で、他者より大きな活動がみられました。

一方で、低い評価を受けた奏者の脳は左脳後部に加えて「理屈や論理」を担当する前頭部の活動が活発化していました。

この結果も、多くのクリエーターの直感と矛盾していないようです。

理屈や論理で作品を作っても、高い評価は得られないからです。

特に小説においては、創造性よりも理屈や論理が優先されると、作品が論文の資料のようになることが知られています。

自動化された創造性は武器である一方、呪いでもある

ライトノベル作家の生存曲線/Credit:Konoe Touno

今回の研究によって、学ぶ時期の重要性も浮き彫りになりました。

創造性が右脳にあり、自動化されていない初心者のうちに、十分に教材やコーチから基礎を押さえておく必要があるからです。

創造性が左脳に移って自動化(無意識化)されると、基礎の変更に莫大なコストがかかるようになってしまいます。

またクリエーターの分野によっては、創造の自動化は害にもなります。

多くの小説家や音楽家が、第一作の主人公の性格やコード進行に、新作が引きずられる経験をしています。

創造の自動化は、全くの新規作を作る段階では弊害にもなりえるのです。

また多くのクリエーターが「一発屋」もしくは「二発屋」として消えていく理由は、左脳の熟練化に脚をとられた結果なのかもしれません。

では、「一発屋」「二発屋」になるのを避けるには、どうしたらいいのでしょうか?

一発屋で終わらないようにするには「初心者の創造性」を捨ててはならない

熟練度を除外した場合に高評価を得たときに活性化していた部分を赤、低評価を得た時に活性化していた部分を青、で示している。全く新しい創造を行うには、初心者としての創造性が重要な役割を持っている。なお理屈が活性化していると評価がさがるのは同じだった/Credit:NeuroImage

高評価を受けた奏者は、主に左脳と中央部の脳を活性化していることは、上に述べました。

しかし、高評価を受けた奏者の多くは熟練者であり、活性化している部分は主に左脳です。そのため高評価に左脳の活性が必要との結果は、ある意味では順当と言えます。

そこで研究者は図のように、熟練度をデータから除外した場合に、高評価を得るために活性化が必要な脳部位を算出しました。

熟練度が評価関数から除外されると、今度は一転して、図のように右脳の働きの重要性が圧倒的になりました

このことは高評価を得るためには、創造の自動化による熟練を担当する左脳だけではなく、初心者としての右脳の創造性も重要であることを意味します。

「初心を忘れるな」とよく言われますが、今回、科学的にもそれが証明されました。十分に熟練化した創造性を維持しつつ、初心者の創造性(右脳の活性)を失わないことが、クリエーターとして長く生きるコツなのかもしれません。

知的な人ほどインスト音楽を好む

reference: sciencedaily / written by katsu
あわせて読みたい

SHARE

TAG