人類の月面生活が近づいた!月面の利用可能な水氷分布マップをESAが作成

space

温度データから作られた月面水分布マップ。/Credit:ESA
point
  • ESAはNASAの月周回衛星LROの温度データに基づいて、将来のミッションで利用可能な月の水氷マップを作成した
  • 今後はサンプルを採取して、月面前哨地の建設と維持に利用できる水資源の可能性を評価していく

国際宇宙ステーションが成功を収め、現在世界は次の宇宙開発のターゲットとして月面に興味を向けています。

NASAは2009年に10年ぶり以上となる月面調査ミッションを行い、月周回無人衛星ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)を飛ばして、月の南極にあたるエイトケン盆地周辺で、恒久的に日陰になっているクレーターに豊富な水の氷が存在しているを確認しました

欧州宇宙機関ESAは、このとき調査された温度データを元にして、将来のミッションで利用可能な月の水氷分布マップを公開しました。

ESAは今回、この情報を元に月面の南極を調査して氷のサンプルを採取し、将来、月面前哨地の建設と維持のために利用できる資源の評価を行うといいます。

うまく行けば、月面で持続可能な水資源や空気を手に入れることもできるようになるのだとか。

月面に人類が進出する計画に、現実味を与えるこの調査はどのような結果を生むのでしょうか。

水氷分布マップ

NASAの月面偵察機温度データに基づく月の南極表面化にある水の地図。/Credit:ESA

今回水資源のマップをESAが作成したのは、水氷を採取してその場で資源利用の可能性を探ろうとする調査ミッションを行うためです。

これは2025年に飛ばされるロシアの「ルナ27」に乗せて月面を送られる調査パッケージ「PROSPECT」によって行われます。

欧州宇宙機関の調査パッケージをロシアが運ぶとは、なんとも国際プロジェクトという感じですね。

地図に表示されるこの地域は、恒久的に日光の届かない影が存在していて極低温です。通常-150℃、一部地域では-200℃にもなります。

-200℃という低温環境のため、ここで氷になっているのは水だけでなく、酸素を含む気体などの化学物質も凍りついていると考えられます。

月面で直接採取資源の利用可能性を探る

この調査では、上のマップを元に地表下に水氷が存在する可能性のある場所を、ドリルで穿ちサンプルを採取するといいます。

ドリルの名前は「ProSEED」です。

こんな感じの使徒がいましたね。/Credit:ESA

「PROSPECT」は内部に化学研究所「ProSPA」を持っていて、そこでこのサンプルを1000℃まで加熱して、含まれる元素を抽出できるかのテストを行います。

まさに資源利用可能かどうかのテストをその場で直接行ってしまうのです。

うまく行けば、これは将来月面基地を建設する際の建築材料を取り出したり、宇宙飛行士が月で生活するために必要な飲料水や酸素が月面で生産できるようになります。

現在月では酸素の存在は確認されていますが、水素はほとんど見つかっていません。

水にせよ酸素にせよ、いちいち資源を地球から月へ運び込むということを考えるとそれは大変なコストのかかる問題になります。

月面で人類の活動に必要な資源を抽出するということは、月面基地建設においても非常に重要なステップです。

また、この調査では、サンプル分析から、炭素、酸素、窒素、水素などの主要な元素の精密同位体測定も行います。

これにより、地球ー月系の化学物質の起源、進化、配置がどのように変化して行われたかの洞察も得られるだろうといいます。

これは太陽系内に元素がどのように分布したかを知るための、手がかりを与えてくれるでしょう。

現在世界共同で着々と進められている月面調査。しかし、それは太陽系を調査するという壮大な計画の前哨戦に過ぎないそうです。

Credit:JAXA

月面基地が完成すれば、それを橋頭堡として火星有人探査を目指すといいます。

生きている間にどこまでミッションの完遂を目撃できるんでしょうか。

ワクワクする話ですね。

月の砂「レゴリス」から酸素を取り出す技術が実用段階へ 完成すれば月面基地建設も可能に

reference: ESA,universetoday/ written by KAIN
あわせて読みたい

SHARE

TAG