animals plants

地球最長の生物「アポレミア」を発見! 数百万の個体が合体した深海生物の神秘

2024.06.20 Thursday

2020.04.09 Thursday

画像
Credit: twitter/Schmidt Ocean
point
  • オーストラリアの沖合で、地球上で最も長い生物が発見される
  • 全長は120メートルを超えていると推定される
  • これで1匹ではなく、数千〜数百万単位の個体が合体してできている

オーストラリア沖合の海中で、巨大なリング状の生物が発見されました。

これは「アポレミア(Apolemia)」と呼ばれるクダクラゲ目の1種で、白いヒモ状の体を巻くようにして浮遊しています。

しかし、この生物はこれで1匹ではなく、数千〜数百万単位の個体が集まって1つの巨大な生物となっているんだとか。

しかも、すべての個体は、別個の器官として異なる機能を担っており、それぞれの仕方でコロニー全体に役立っているのです。

発見は、複数の研究機関の国際チームである「Ningaloo Canyons Expedition」により報告されています。

地球上で最も長い!

研究チームは、ROV(遠隔操作型の無人潜水艦)とソナーを使って、オーストラリア西部の沖合を調査中に、この生物を発見しました。

同チームのネリダ・ウィルソン氏は「生物がROVカメラに映ったとき、居合わせた全員が驚きました。他の研究員も一目見ようと、コントロール室にやってきてモニターに見入りました。

クダクラゲはよく知られた生物ですが、これほど巨大で長いものは初めてです。地球上にいるどの生物よりも長いことは明らかでしょう」と話します。


一番外側の円周だけで約47メートルに達しており、直径が14メートル、 トータルの長さは120メートルを超えていると推定されています。

よく見かけられるクダクラゲは、数十センチから長くて数メートルなので、これがどれだけ規格外のサイズなのかが伺えます。

また、研究員によると、発見されたクダクラゲの年齢は、少なくとも数十年、最大で百年は超えているとのことです。

次ページOne for All, All for One

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!