medical

新型コロナウイルスは「免疫細胞を無効化する」という研究結果

2021.01.27 Wednesday

2020.04.13 Monday

1枚目の画像
Credit:nih

上海の復旦大学ル・ル氏とニューヨーク血液センターのチャン・シボ氏の研究者チームは、新型コロナウイルスが人の免疫細胞を殺す働きがあることを発見しました。

この免疫破壊作用は、コロナウイルスの感染症である重症急性呼吸器症候群(SARS)にはなく、新型コロナウイルス特有のものであるとのこと。

ウイルス撃退にはT細胞の免疫機能が大切

2枚目の画像
Credit:depositphotos

通常、体内にウイルスが侵入すると、身体の免疫機能が働きウイルスを殺そうとします。

それら免疫機能の中に、T細胞(Tリンパ球)と呼ばれるものがあります。この細胞は免疫機能において重要な役割を担っており、体内の異質な細胞を見つけて破壊します。

T細胞は、ウイルスに感染した細胞を捕捉し、穴をあけ、その膜に化学物質を注入してウイルスと細胞の両方を破壊します。

このT細胞の働きのおかげで、私たちは体内からウイルスを除去することができます。

しかし、新しい研究では、新型コロナウイルスがこのT細胞の「免疫機能」を無効にする可能性が浮上したのです。

次ページ新型コロナウイルスはT細胞を無効化する。原因は「スパイク」

<

1

2

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!