アトラス彗星が崩壊しそう? 専門家は「まだ希望ある」

space 2020/04/15
核が細長く伸び始めている/Credit: Ningbo Education Xinjiang Telescope

昨年12月28日に発見された「アトラス彗星(C/2019 Y4)」は、太陽や地球の方向に近づきつつあると報告されていました。

このまま進めば、5月半ば〜5月末には地球から肉眼で見える範囲に入ると予測され、プロアマ問わず、天文好きから大きな期待が寄せられていました。

ところが、今月5日の時点で、すでに崩壊の兆候を見せていることが判明したのです。

絶景が見られるはずだったのに…

彗星は、チリを含む氷で出来た「核」であり、太陽に近づくことで表面が蒸発して、チリが尾のように伸びます。

いわゆる、流れ星よりも遠くに存在するので、一瞬で消えるものではなく、(観測可能な位置にあれば)流麗な尾を引いたまま空に止まって見えるのです。

この光景は極めて稀なことで、「彗星の核が大きいこと」や「太陽や地球に近づくこと」などいくつかの条件をクリアしなければ見られません。

アトラス彗星は、まさにそれらの条件を満たすものとして、期待されていたのです。

4月2日時点のアトラス彗星 / Credit: Photographer Steve Pauken in Bisbee, Arizona

アトラス彗星は、発見時、20等級という微かな光を放っていました。これは望遠鏡でのみ観測可能で、肉眼ではとても見れません。

しかし、その後、驚くべきスピードで太陽方向に近づき、急激に明るさを増していました。3月半ばには8等級、末ごろには7等級まで増光したのです。

このまま行けば、5月末には、1等級を超える明るさになり、肉眼でも十分に観測できる予定だったのですが…。

こちらは、3月28日に撮影されたアトラス彗星の移動の様子です。動画はおよそ5時間分の移動距離に当たります。

観測をつづける価値は十分にアリ!

しかし、メリーランド大学およびカリフォルニア工科大学の天文学研究チームは、「4月5日に撮影された画像で、核が細長く伸びている様子が確認できました。これは、主に崩壊の兆候を示すものです」と報告しています。

また、アメリカ海軍調査研究所のカール・バタムズ氏は、自身のツイッター上で「引き伸ばされた核は、良い兆候ではない」とつぶやいています。

実はアトラスが急激に増光していたのは、太陽熱によって核が溶けて、チリやガスを放出しているためだったようです。

ガス不足になると彗星は崩壊するので、事前に最悪のパターンも予想されていたのです。しかし、ホントに崩壊してしまうとは…。

一方で、バタムズ氏は「完全な終わりを宣言するのはまだ早い」といいます。

このまま彗星の変化を観測することには意義がありますし、もともと彗星は予測が難しい天体でもあるので、最後に何らかの大きな動きを見せてくれるかもしれません。また、双眼鏡なら見える程度にはなる可能性もあります。

観測をつづける価値は十分にあるようです。

point
  • 4月5日の時点で、アトラス彗星が崩壊の兆候を見せていることが判明
  • 中心の核が細長く伸び始めており、崩壊の前段階にある可能性が高い

5月末に「肉眼で見える彗星」が出現するかもしれない

reference: cnetearthsky / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG