宇宙人が見つからない理由が明らかに? 原因は「リン」

space 2018/04/05
credit: Me2 (Me Too) on Visualhunt.com / CC BY-NC-SA

宇宙には想像できないほど多くの星があり、惑星もたくさん見つかっています。しかし待てど暮らせど、地球外生命体は中々見つかりません。一体なぜでしょうか。

新たな研究で、私たちの知る形での生命は、宇宙では稀かもしれないことが示されています。宇宙には、生命に必須の元素であるリンが少ないようなのです。

リンは生命において多くの役割をもつ、必須の元素です。DNAの基盤となっているだけでなく、細胞を囲んでいる細胞膜もリン脂質で出来ているし、情報伝達のスイッチとしても働いています。生命誕生の鍵をにぎるのがリン酸化因子であることは、以前Nazologyでも紹介しました。

ではそのリン自体は、どこから生み出されるのでしょうか。それは質量の大きい恒星が最後に起こす超新星爆発からだといわれています。しかし典型的な超新星爆発では、リンができるための条件がそろわない可能性があるようです。

credit: yuriy.toropin on Visualhunt / CC BY-ND

カーディフ大学の天文学者ジェーン・グリーブス博士とそのチームは、2つの超新星爆発残骸について調べました。それは巨大なカシオペヤ座A(Cas A)と、典型的なパルサー星雲である蟹星雲です。研究チームはラ・パルマ島にあるウィリアム・ハーシェル望遠鏡を使い、牡牛座方向の6,500光年先にある蟹星雲の光から、リンと鉄を示す特徴を調べました。この蟹星雲とCas Aの2つを比べたところ、驚いたことに、蟹星雲のリンはCas Aのものに比べてずっと少なかったのです。パルサー星雲に比べ、Cas Aは今も膨張を続ける残滓であり、稀な超巨大恒星の超新星爆発によるもの。つまり、典型的な超新星爆発では十分なリンができないようなのです。

地球に生命がいるのは、非常にラッキーなことに条件の整った稀な超新星爆発から十分に近い距離にあったからかもしれません。研究者たちは、他の超新星爆発残骸についてもリンを欠いているのか調べる予定です。

 

では、地球外生命体はもう見つからないのでしょうか。地球型の生命はリンを必要としますが、まだリンを必要としない生物がいる可能性もあります。希望を捨ててはいけません…。

 

私たちの銀河には人類以外に知的生命体がいない可能性が高いとする研究

via: Independent/ translated & text by Nazology staff

 

関連記事

生命誕生の鍵を握る化合物を発見(米研究)

極秘!宇宙人との交換留学計画「プロジェクト・セルポ」とは

生命は宇宙から来た? 惑星から惑星へ宇宙ダストが生物粒子を運ぶ可能性

生命の宇宙起源説に新展開! 宇宙環境のシミュレーションで有機化合物が発生

 

SHARE

spaceの関連記事

RELATED ARTICLE