「100回洗っても大丈夫」な抗菌性マスクが発売! 光触媒を活用

product 2020/04/22
credit: ONYONE

2020年4月20日、新潟大学の榛沢和彦氏らが、酸化チタンなどの「光触媒」を利用した「洗って繰り返し使える抗菌性マスク」の開発に成功したと発表しました。

マスクの構造は二重構造となっており、ガーゼや布マスクのつけ心地を改良した、スーパーストレッチ素材を使った外側マスクと、酸化チタンなどの「光触媒」を練り込んだ内側マスクから構成されています。

内側も外側も、粉石鹸を使ったネット入れ洗濯や手洗いに対応していて、100回洗濯したとしても元の80%の性能が保てると発表されています。

また、内側マスクの繊維に練り込まれた「光触媒」は、紫外線などの光があたると、活性酸素を発生させ、ウイルスの感染力を弱めるそうです。

なぜ「光触媒」が練り込まれていると、ウイルスの感染力が弱まるのでしょうか? そもそも光触媒って…?

光触媒は水から「活性酸素」を作る

光触媒とは、光を吸収することによって化学反応を促進する物質のことです。

ハイブリッドマスクでは、マスクに練り込まれている「光触媒」である酸化チタン(TiO2)に光を照射すると、光エネルギーによって水と酸素から、2種類の活性酸素「・OH(ヒドロキシラジカル)」と「・O2(スーパーオキシド)」が生じます。この活性酸素は酸化力がとても強く、ウイルスを酸化分解して死滅させます

では、どのようなメカニズムで活性酸素が発生するのでしょうか。

酸化チタン表面で起こる水の分解のイメージ / credit: 化学工学会

酸化チタンが水に作用して活性酸素を作るメカニズムは、主に4つの工程から成り立っています。

①酸化チタンに光(紫外線)があたる

酸化チタンに紫外線などの強いエネルギーを持った光があたると、酸化チタン中の電子が、そのエネルギーを吸収して不安定な状況になります。これを電子が励起(れいき)されたといいます。

②電子(e)と正孔(h+)が生じる

光エネルギーによって励起された電子は、不安定になったことにより、普段いたはずの場所から移動します。すると、元いた場所が、正の電荷をもった穴(正孔)になります。

③空気中の酸素(O2)が励起された電子(e)と、水(H2O)が正孔(h+)と反応する

④活性酸素「・OH(ヒドロキシラジカル)」「・O2(スーパーオキシド)」が生成

③の反応は以下の反応式で表されます。

O2 + e・O2
H2O + h+ ・OH + H+

このとき生じた2種類の活性酸素がウイルスを分解することで、ハイブリッドマスクは抗菌性を発揮するとのこと。

以上のように、光触媒は化学的に抗菌作用が証明されている技術なのです。

発売時期や価格、購入方法は?

ハイブリッドマスクの発売予定日は5月16日で、1つ2,420円で購入できます

発売予定日の5月16日から23日までは先行販売とされ、新潟県内の5つのスポーツ品取り扱い店でのみ、購入することができるようです。

先行販売 A.A.TH新潟県内取扱店 2020年5月16日(予定)
有限会社イトウスポーツhttp://itsp-niigata.com
株式会社オオツカスポーツhttp://www.otsuka-sports.jp
有限会社サカモトhttps://sportscycle-sakamoto.co.jp
株式会社オオミヤhttp://www.ohmiya-sports.com/index.htm
有限会社パーマークhttps://www.parrmark.co.jp/web/

5月23日からは全国の一部スポーツ品取扱店で購入できます。

ただし、オンラインでの販売はされないので注意が必要です。

詳細は発売元のオンヨネの特設ページを参照してください。

洗濯できる高機能マスクの登場で、現在のマスク不足状態が少しでも解消されると良いですね。

精製水じゃなくてOK! 水道水で正しく「消毒用アルコール」を作る方法

reference: ONYONE / written by shuni
あわせて読みたい

SHARE