健康的なコーヒーの飲み方とは?「フィルターなし」はNG

life 2020/04/28

Credit: depositphotos

「外出自粛で喫茶店に行けない」「GWも家で過ごすしかない」

という中、自宅でコーヒーを飲む機会がこれまで以上に増えるのではないでしょうか。

そんな時に気をつけたいのが、コーヒーの飲み方です。

コーヒーが身近な飲み物となって久しく、手軽に飲めるインスタントタイプも続々と増えています。

ところが、スウェーデン・イェーテボリ大学の研究によると、「フィルターを通さないインスタントコーヒーは、心臓病のリスクを高める危険性がある」というのです。

フィルターを通さないことで、血中のコレステロール値を高める物質がろ過されないことが原因です。

果たしてどのくらい体に影響があるものなのでしょうか。また、健康的にコーヒーを楽しむにはどうすれば良いのでしょうか。

コレステロール値を高める物質が「ろ過」されない

研究主任のダグ・S・テール教授は、長年、コーヒーと心臓病の関連性を研究してきました。

30年前にはすでに、コーヒーが「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールの増加と関連していることが指摘されています。

血中のコレステロール値が高くなると、動脈硬化がすすんで、血管が詰まりやすくなり、結果的に、心臓発作や心筋梗塞を起こしやすくなるのです。

しかし同氏は、コレステロール値を高める物質はフィルターを通すことで取り除かれることも実験で証明していました。

氏によると、フィルタリングしないコーヒー1杯分に含まれるその物質の量は、フィルタリングしたコーヒーの約30倍におよぶそうです。

しかし、フィルタリングしないコーヒーの害悪を、実際に検証することは倫理的に不可能でした。被験者の健康を害してしまうリスクがあるからです。

そこでテール教授は、およそ20年にわたる大規模な追跡調査を開始しました。

フィルタリングコーヒーは健康に良い

調査は、1985〜2003年にかけて、ノルウェーの健康な男女50万8747人(20〜79歳)を対象にしています。

被験者は、コーヒーの種類や一日の摂取量、飲み方などのアンケートに回答。同時に、喫煙や運動量、身長、体重、血圧、コレステロール値など、心臓病リスクに影響を与えるであろうデータ(変数要因)も記録しました。

約20年にわたる調査の結果、4万6341名の被験者が亡くなり、うち1万2621名は心血管障害、6202名は心臓発作が原因でした。

死亡原因(および発症リスク)とコーヒーの関連性を調べてみると、フィルタリングしたコーヒーは、まったくコーヒーを飲まないよりも健康レベルを高めていることが分かりました。

例えば、コーヒーを飲まない人と比べ、フィルタリングコーヒーを飲む人は、死亡リスクが15%低かったことが判明しています。さらに、心臓病による死亡率は、男性で12%、女性で20%も低下していました。

最も死亡率が低かったのは、1日に1〜4杯のフィルタリングコーヒーを飲んだ場合でした。

この結果は、他の変数要因と関連性がなかったため、確実性が高いと思われます。

フィルタリングしないコーヒーは危険?

一方、フィルターをかけないコーヒーを飲んでいた人も、まったく飲まない人に比べ、明白に死亡リスクを高めていることは確認されませんでした。

しかしそれは、60歳以上の男性を除いてのことです。

若年層にはそれほど健康への悪影響がなかったものの、60代以上の男性では、心臓病の発症リスクを高めていました

しかし、テール教授は、その原因について、「年齢や性別が問題ではないかもしれない」とも指摘しています。

というのも、20年という長期の調査中に、ノルウェーでのコーヒーの飲み方が「フィルターなし」から「フィルターあり」に変化しつつあったのです。

特に若年層ではその傾向が強かったのですが、年配の男性では、飲み方を変えない傾向が見られました。

つまり、フィルターなしのコーヒーが、健康への害悪となる可能性は十分に考えられるのです。

Credit: pixabay

これを踏まえた上で、テール教授は、「以上は観察結果のため、フィルターなしが必ずしも健康に害悪になるとは言えません。しかし、コレステロール値が高い人や健康に不安を抱えている人などは、フィルターありに変えたほうがいいでしょう」と述べています。

例えば『金属フィルター』は、コーヒー本来の風味や香りをダイレクトに味わえるのが特徴です。ペーパーフィルターの場合、コーヒーの油分や甘みが紙に吸収されてしまいますが、目が粗めの金属フィルターなら、コーヒーのさまざまなエッセンスを抽出して、そのまま楽しむことができます。また、焙煎は油が出やすいため、深煎りでない豆を選ぶといいかもしれません。

日本ではほぼインスタントを含めてフィルターを通したコーヒーが飲まれていますが、特にコロナ禍で運動不足になりがちな今は、フィルターありコーヒーを飲むほうが得策のようです。

 

研究の詳細は、4月23日付けで査読付き医学雑誌「European Journal of Preventive Cardiology」に掲載されています。

コーヒーを飲むとうんちが出る理由が明らかに

reference: scitechdaily / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG