レムデシビルが新型コロナウイルスに効く仕組みが解明される

medical 2020/05/04
Credit:Science

新型コロナウイルスに効果があるとして、抗ウイルス薬「レムデシビル」が世界中から注目されています。

レムデシビルは、もともとエボラ出血熱の治療薬として米製薬企業ギリアド・サイエンシズ(Gilead Sciences)が開発したものです。

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)による臨床試験によると、レムデシビルを投与した患者の回復が31%早まったとのこと。

そして、今回、中国科学院(CAS)上海マテリアメディカ研究所(SIMM)の徐華強教授ら研究チームによって、レムデシビルが新型コロナウイルスに効く仕組みが解明されました

RNAウイルスの増殖方法

新型コロナウイルスは、主に粘膜系を介してヒトの細胞に感染する「プラス鎖RNAウイルス」です。

RNAは、DNAが持つ遺伝情報からタンパク質をつくる際に用いられる「転写設計図」のようなもの。しかし、ウイルスの中には、DNAを持たず、RNAのみで成り立っている「RNAウイルス」があります。

このRNAウイルスはバックアップデータを持たない遺伝情報なので、安定性はありません。それ故に、ウイルス自体の遺伝的性質が変化しやすく、免疫やワクチンへの耐性を身に着けやすいのです。

そして、RNAウイルスの一種である「プラス鎖RNAウイルス」の中には、新型コロナウイルスも含まれ、人間の体内に侵入した後、自身のRNAを複製することで、増殖していきます。

Credit:山内医院

もちろん、RNAだけで複製することはできません。

複製には、ウイルス内タンパク質である「レプリカーゼ(RNA依存性RNAポリメラーゼ)」が中核的な役割を担っています。

そしてレムデシビル(ヌクレオチド系薬剤)は、このレプリカーゼを標的にし、複製を阻害することができるというのです。

レムデシビルはウイルスRNAに組み込まれ、複製工場を混乱させる

研究チームは、46日間の研究の結果、レムデシビルがレプリカーゼに及ぼす構造を解明することに成功しました。

Credit:Science

レプリカーゼは、配列に依存しない結合方法によってDNAを認識せず、RNAを認識して複製することのこと。つまり、レプリカーゼは検査付きの複製工場のようなものです。

通常、複製工場(レプリカーゼ)は、届いたRNAを認識してから複製を始めますが、この工場の働きを止めるのがレムデシビルです。レムデシビルはウイルスRNAに組み込まれることで複製工場にまで達し、混乱させ、複製を妨げるのです。

ただしレムデシビルは、肝酵素値の上昇などの副作用も報告されています。今回の研究結果をもとに、今後、より強力で効率的な新型コロナウイルス薬づくりも同時に進められるでしょう。

研究の詳細は5月1日、「Science」誌に掲載されました。

Structural basis for inhibition of the RNA-dependent RNA polymerase from SARS-CoV-2 by remdesivir
https://science.sciencemag.org/content/early/2020/04/30/science.abc1560

快挙!新型コロナ検査を簡略化できる「モノクローナル抗体」の開発に成功(日本)

reference: medicalxpress / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG