公式が中二病。東北大学理学部の紹介ビデオがノリノリすぎる

fun 2018/04/06

東北大学理学部の紹介ビデオが、「かっこいい」「入学したい」とネット上で話題になっています。同大学の理念や研究内容が、ゲーム風の演出で紹介されており、若干の中二病感も…。

 

ゲーム風のキャラクター選択画面のような魔法陣が動き、中央に来た人の紹介が始まります。決め台詞を叫んでくれそうですが、さすがにそこまでの演出はありませんでした。

 

研究テーマの魔法陣。それぞれのイメージイラストとカラーがあり、まるで属性相関図のようです。

 

キャラクター…ならぬ教授紹介も、某とある科学のアニメなどを思い出す仕上がりです。なんと各人「二つ名」っぽいものが付いています。

物理学科「ニュートリノ鑑定士」井上教授。素粒子の一つ、ニュートリノの解明に日々挑んでいます。

 

 

物理学科「カーボンナノチューブのレジェンド」齋藤教授。カーボンナノチューブや、究極に薄い原子層物質を研究しています。ポーズかっこいい。

 

化学科「次世代分子触媒のフロントランナー」寺田教授。若干の悪役感が漂っています。一番ノリノリ…?

 

宇宙地球物理学科「船上の地震ハンター」日野教授。海底の動きから、巨大地震の謎を解き明かします。

 

「ブラックホールエクスプローラー」秋山教授。銀河の歴史、巨大ブラックホールの謎を追っています。

 

数学科「数論のファンタジスタ」大野教授。ゼータ関数、完全数、組合せ論の研究に力を注いでいます。こんな二つ名付けてみたい。

 

生物学科「細胞生物学者」倉永教授。細胞のふるまいを可視化することで、生命の神秘を追求します。

 

地球惑星物質科学科「火山学者」中村教授。独自の実験装置を用いて、火山噴火のメカニズムを解明します。

 

近年東北大学は、校舎増築や研究所の増加なども積極的に行っています。また今年度の募集は終了していますが、高校生向けに「科学者の卵養成口座」なども開設。今回の紹介ビデオも、大学選びに悩む高校生には、学問に親しみを持てる良い機会になりそうです。

進路に悩む学生さんは、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。楽しい中二…いや理系学生ライフが待ってるかも。

 

text by nazology staff

 

関連記事

オタクがアニメ犯罪を追う海外ドラマ『ANIME CRIMES DIVISION』がネタまみれで面白い【ネタばれ注意】

3分でわかる!5大宗教の始まりと広がりの歴史

3分で学ぶ!ニュートンの運動法則

 

 

SHARE

funの関連記事

RELATED ARTICLE