木星の3倍に匹敵する巨大な系外惑星を発見!「皇帝」との呼び名も

space

Credit: W. M. KECK OBSERVATORY/ADAM MAKARENKO

ハワイ大学天文学研究所は、先月29日、「木星の3倍の質量を持つ太陽系外惑星」が新たに見つかったことを発表しました。

この惑星は、地球から約1243光年離れた恒星・ケプラー88の恒星系に属していることから「ケプラー88d」と命名されています。

観測には、W・M・ケック天文台(ハワイ)の高性能分光器が使用され、発見には6年という月日がかかったとのこと。

しかもその巨大さから、「他惑星への支配力はエンペラー級」だと称されているようです。

他惑星に対し支配的な力を持つ

ケプラー88dは、主星(ケプラー88)を楕円軌道で公転しており、1周にかかる期間は約4年です。

同じ系内には、すでに「ケプラー88b」と「ケプラー88c」という惑星の存在が知られています。

しかし、両方とも88dよりはるかに小さく、88bは海王星ほどの大きさで、公転周期はわずか11日。88cは木星に匹敵するものの、公転周期は22日です。

こちらの動画では、それぞれの公転のタイミングが忠実に再現されています。

Kepler-88 Planetary System from Keck Observatory on Vimeo.

88cのサイズは、88bの20倍以上に達するため、内側を行く88bの公転のタイミングに影響を及ぼしています。

ところが、新たに見つかった88dは、88cよりさらに巨大なため、2つの惑星に対し、かなり支配的に振舞っていることが予想されます。

ケプラー88dは「エンペラー」?

私たちが属する太陽系惑星の中では、木星が最も大きく、そのサイズは地球の約300倍です。

木星の強い重力は、火星や土星など、周囲の惑星に影響を及ぼしており、太陽系内の「キング」と呼べます。

ところが、そんな木星ですら、ケプラー88系内に入れば、単なる下働きに転じてしまうのです。

この点からも、ケプラー88dについては、キングを超える「エンペラー(皇帝)」と呼ぶのがふさわしいでしょう。

やはり、どの世界にも上には上がいるということですね。

 

研究の詳細は、4月29日付けで「Astronomical Journal」に掲載されています。

モンスター級の巨大惑星が発見される。天文学者「ありえない」

reference: phys.orgifa.hawaii / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG