360°まわる人間用VR回転ボール「NOVA」が開発される

product

credit: Eight360

VRゲームは深い没入感を感じさせますが、VR用のヘッドセットだけでは遠心力や平衡感覚を再現できません。

そこでニュージーランドの企業Eight360が開発したのが、中に人が入る球状のVRシミュレーター「NOVA」。今まで難しかった遠心力と平衡感覚の再現に成功しました。

NOVAを使えば「ACE COMBAT」や「GRAN TURISMO」などの運転系VRシミュレーションが、より現実の感覚に近づきます。

まるでカプセルのような外観 360°どの方向にも回転

運転中のNOVA。ずらっとこれが並ぶと少しディストピア感が…。 / credit: Eight360

NOVAはあらゆる方向に回転する透明なボール型VRシミュレーターです。一見、人間サイズのハムスターボールのようにも見えますが、中にはコンピュータやVRゴーグルなどの機器が積まれています。

NOVA下部に設置された、銀色の箱中の3つのホイールが球体部分制御することで、あらゆる方向に回転。フライトゲームやレーシングゲームにおいて実際のコックピットで感じられる、加速感や減速感、傾斜、回転、揺れを再現できます。

credit: Eight360

フライトシミュレーションでは、機体の回転や高度変化にともなう傾斜を再現しています。

credit: Eight360

ドライブシミュレーターでは、運転時の車体の揺れや、曲がるときの遠心力を再現しています。

また、加速時にはシートベルトが強めに締まって座席が後退することで慣性を再現しており、減速時にはシートベルトを緩めることで減速感を与えてくれるそう。

NOVAはどこで体験できるの?

開発チームのミラー氏とNOVA / credit: Eight360

NOVAは全長約2 m、重さ約500 kgと超巨大です。一般家庭でNOVAを楽しむことは今のところ難しいですが、ゲームセンターなどの企業が購入し、アーケード筺体として利用できる可能性はあります。

また、Eight360はNOVAをVRゲームだけでなく、鉱業や林業など、国を対象としたリース販売を視野に入れています。費用はメンテナンス費などを含め年間約1600万円とのこと。

もしゲームセンターなどに設置されたら体験してみたいですね。

ワイヤを使ってVR空間に「触覚」をもたらす新技術が誕生

reference: VR SCOUT / written by shuni

あわせて読みたい

SHARE

TAG