animals plants

雑草という植物は無い。植物学者が道端の植物に名前を書いて回る運動がヨーロッパで拡大中

2021.01.27 Wednesday

2020.05.08 Friday

1枚目の画像
Credit: Jill Mead/The Guardian

現在、植物学者たちによる一風変わった運動が、ヨーロッパを中心に広がりつつあります。

その運動とは、チョークを使って、道端の草花ひとつひとつに名前を書いて回るというもの。

これは、ロックダウン中に暇を持て余した末の行動…というわけではなく、植物学者ならではのれっきとした目的がありました。

「雑草」と呼ばないで…

フランスから始まったこの運動は、SNSなどを通して、イギリスまで拡散されています。

発起人でもあるフランスの植物学者ボリス・プレセク氏は、運動を始めるきっかけについて、「普段は見過ごされている草花に目を向け、それぞれに名前があることを知ってほしかった」と話します。

確かに、小道やアスファルトの継ぎ目から生えている草花は、すべて「雑草」の一言で片付けてしまいがちです。

道ゆく人には見向きもされず、踏んづけられることも多々あるでしょう。「そんな状況を変えて、身の回りの草花に興味を持ってほしい」とプレセク氏はいいます。

2枚目の画像
ボリス・プレセク氏(左)と生徒たち/Credit: Claire Van Beek/Handout

運動の反響は大きく、「草花に対する意識が変わった」と言ってくれる人も多いそうです。

また、複数の学校からは「都市の自然を学ぶため、生徒にも参加させて欲しい」との連絡もありました。

上の画像は、その際の様子です。

次ページ雑草魂はイギリスまで波及

<

1

2

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!