精液から新型コロナウイルスのRNAを検出「活性ウイルスを示すものではない」

Credit:depositphotos
point
  • 新型コロナウイルスRNAが精液から見つかった
  • この発見だけでは、活性ウイルスが精液に含まれているとは断定できない

新型コロナウイルスに関しては、未だに明らかになっていない分野が多くあります。その中の1つが、睾丸への感染です。

これまでの研究では、「新型コロナイルスは睾丸に感染する可能性がある」と指摘されていましたが、一方で、「精液検査からは新型コロナウイルスが検出されなかった」との報告も上がっており、ナゾロジーでも取り上げました

しかし今回、河南省上丘私立病院の医師シーシー・チャン氏らの研究チームから、同病院の重度の新型コロナウイルス患者の精液から、新型コロナウイルスRNA(遺伝情報)を検出したという報告がありました。

これまでとは異なる研究結果

Credit:depositphotos

調査されたのは、重度の新型コロナウイルス患者38人です。

この内、15人は急性期(症状が急に現れる時期)であり、残りの23人は回復直後でした。そして、急性期者のうち4人、回復直後の者のうち2人の精液から新型コロナウイルスRNAが検出されたのです。

これらの発見は、12人の患者を対象にした以前の研究結果とは異なるものです。

その研究では、軽度の患者から精液サンプルを採取しており、採取時期も回復後2日目と3日目でした。そして、「新型コロナウイルスRNAは検出されなかった」という結果を提出しています。

以前の研究と今回の研究の結果が異なるのは、疾患の重症度とサンプリング時間の違いによるものでしょう。

次ページ精液から「生きたウイルス」が見つかったわけではない

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG