体内にビール15缶分を注入されて命を救われた男性

life

Credit:depositphotos
point
  • メタノール中毒の男性に缶ビールを15本投与して救命
  • ビールに含まれるエタノールがメタノール分解を遅らせ、血液透析の時間を確保

2018年12月、ベトナムに住むグエン・バン・ニャット氏(48歳)は、パーティーで酒を飲んだ後に意識が無くなり、ベトナム中部クアントリの病院に急送されました。

彼の身体からは、基準値の1000倍以上ものメタノールが検出。あやうく死ぬところでしたが、医療スタッフの特殊な処置によって回復に至りました。

その特殊な医療処置とは、なんと彼の身体に「合計15本の缶ビールを投与する」というものだったのです。

メタノール中毒の原因

アルコールには、エタノールとメタノールの2種類があります。どちらも似たような効果があり、ある程度の毒性があります。

しかし、メタノールはエタノールとは化学構造が若干異なり、肝臓での処理が難しいため、大量に摂取してしまうと危険な中毒症状を引き起こしてしまいます。

Credit:depositphotos

私たちが飲む酒のほとんどはエタノールです。

ビールやワインなどは自然発酵によって製造されるため、メタノールも含まれているのですが、その含有量は微々たるものです。

また、市販の蒸留酒メーカーは、特別な技法によって製品からメタノールを除去しています。

そのため、通常の飲酒ではメタノール中毒になることはないでしょう。しかし、適正に管理されていない密造酒などには多く含まれている場合があります。

また、ガソリン、塗料、シンナー、接着剤、洗浄液、インクなどにも含まれており、これらの誤飲によってメタノール中毒になることもあるのです。

メタノール中毒にはエタノール投与が有効

通常、エタノールを含む飲料を摂取すると、アルコール脱水素酵素として知られる体内酵素がこの化合物を分解し、毒性物質とアセトアルデヒドと呼ばれる既知の発がん物質に分解します。

これらは、代謝されてアセテートと呼ばれる副産物になり、さらに身体から排出される前に水と二酸化炭素に分解されます。

ですから、適切なエタノール摂取は問題ありません。

しかし、メタノールは、エタノールよりもはるかに少ない量でも命を脅かします。

メタノールも同じ酵素によって代謝されるのですが、方法は異なります。

最初に、ホルムアルデヒドとして知られている非常に有毒な化合物に変換され、その後さらにギ酸へと分解されます。

これら2つの物質は、永久失明、神経衰弱、死亡を引き起こすものであり、メタノール中毒の症状として知られています。

ですから、体がメタノールをギ酸へと変換する過程を止めることが、症状の緩和と治療に役立つのです。

Credit:Tuoi Trc

そのため、医療スタッフたちは、ニャット氏に大量のビールを投与することにしました。

ビールにはエタノールが含まれています。肝臓は常にメタノールよりもエタノールの分解を優先するため、体内にエタノールがあるうちは、ギ酸への変換を食い止めることができるのです。

病院に到着したニャット氏には、すぐに缶ビール3本(約1リットル)が投与されました。その後、1時間に1本のペースで合計15本を投与。

この処置により、血液透析でメタノールを除去する時間を確保し、命を救うことができたのです。

ビールの飲み過ぎには要注意ですが、状況によっては命を救うこともあるのですね。

「アカン人が酒に暴かれるだけ」だということが科学的に証明される

reference: newsweek / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG