勉強はできたのに仕事はうまく覚えられない…そんな人は暗黙知を見逃しているのかも

life

Credit:depositphotos

新しい環境で新しい知識をたくさん覚えなければならない、と苦労している人は多いでしょう。

同様に、これまで覚えてきた知識を人に教えなければいけないという立場で苦労している人も多いと思います。

そんなとき、教えてもらった知識だけではうまく行かなかったり、うまく言葉で説明できなかったりして悩むことはないでしょうか?

私たちは「知識」というものを一言で扱っています。しかし実際、「知識」は言語や記号に置き換えて説明可能な形式知と、言語化して伝えることができない暗黙知の2種類に分かれています。

多くの人が覚えたり、教えたりする際に苦労しているのは、この言語化できない暗黙知です。

長い歴史の中で急速に多くの知識を獲得してきた人類にとって、獲得した知識を適切に相手に伝えることは非常に重要な課題となっています。

それは会社が組織内で培ったノウハウを新人に教える場合や、大学が専門分野を発展させるために必要な知識を学生たちに教える場合も同様です。

このため、知識自体を研究する新しい科学分野「知識科学(ナレッジサイエンス)」というものも登場しています。

そこで重要になるのが、先程あげた言語化できない暗黙知の扱いです。

これが何であるのか意識できれば、何をやってもうまく理解できない、教えられないという問題が解決に向かうかもしれません。

知識の種類

一般的に知識には、「形式知」と「暗黙知」の2種類が存在しています。

形式知とは、言葉や数学、図などを利用して明示的に相手に示すことが可能な知識を指します。

一方、暗黙知は完全に個人的な領域に存在する知識で、共有することも表現することも非常に困難です。

しかし、知識の中で言葉にできる形式知とはほんの氷山の一角で、ほとんどの部分は暗黙知なのだと言われています。

形式知と暗黙知の関係。/Credit:Wkipedia Commons

例えば、人の顔の見分け方は暗黙知と言われています。あなたが家族の顔を一目で認識できたり、人混みから友達の顔を見分けられるのは、どうしてでしょうか?

当たり前にできる行為ですが、どうやっているかと聞かれると、おそらくそれを事細かに説明できる人はいないと思います。

また、自転車の操作技術は暗黙知の代表例とされます。自転車の運転は、言葉にできないバランス感覚を身体全体で制御する必要があります。

これは覚えることも、教えることも苦労する知識でしょう。

Credit:pixabay

このように暗黙知とは、経験や実戦を通して直接会得するしかない知識で、必要とされたときに無意識に呼び覚まされるものなのです。

これは職人の技術などにも当てはまります。

よく芸人や職人に弟子入りした人は、下働きさせられるだけで何も教えてもらえず、技は師匠のやっていることを見て盗め、と理不尽なことを言われるといいます。

こういう話を聞いて「ひでーな」と思う人もいるかもしれませんが、実際のところ職人の技術はそのほとんどが暗黙知であり、教えることができない知識なのです。

そのため、「見て覚えてね」となるわけです。

Credit:depositphotos

エロの知識だけは豊富な童貞が、実戦では無力なのも同じ理由です。そして相手が見つからないからいつまでも童貞です、という問題も実のところ暗黙知の問題のようです。

相手の感情を理解する知識や、自分の感情を相手に伝える技術など、コミュニケーションに関するスキルは感情的知性と呼ばれ、代表的な暗黙知に含まれます。

相手と共感すること、共感を引き出すこと、相手に愛されること、こういうものは経験から習得される知識に頼るもので、教えてもらってできることではないのです。

暗黙知の分類

こうした暗黙知をできる限り形式知に変えるということが、現代人の課題となっています。

科学的な研究も進められていますが、そのためにはこの広範で抽象的な暗黙知をカテゴリー分類して、ターゲットを絞って理解していく必要があります。

では、暗黙知にどんな分類があるのか見ていきましょう。

知識の研究は比較的新しい分野で、これから紹介する暗黙知の分類も完全なものではありません。研究者によって呼び方が変わる場合もあるかもしれませんが、理解を深める助けになるでしょう。

1.暗黙の知識

Credit:depositphotos

名前が被っている気もしますが、これは明文化されず、あくまで話し言葉の中だけで共有されるタイプの知識を指します。

例えば、新しい職場で、あの先輩は面倒だから関わらないほうがいいとか、あの人は親切だから頼るといい、みたいな知識があったとすれば、それは暗黙の知識に分類されます。

これは明示的に表現されることはまずありえない知識です。他人との対話の中だけで学習していくしかない暗黙知なのです。

2.手続き知識

組立家具はマニュアルだけではうまく作れないのも手続き知識の問題かも。/Credit:depositphotos

手続き知識とは、教科書やマニュアルなどで得られた知識(形式知)を、適切に運用するための知識のことです。

例えば数学の授業聞いてちゃんと理解できたとしても、目の前の方程式が必ず解けるかというと、そうとは限りません。

マニュアルを読んで、機械の使い方を覚えたとしても、いざ使うとなったらスムーズに利用できるわけではありません。

知識はあっても、適切なタイミングでスムーズに「手順」を実行できなければ、多くの物事はうまくいきません。この「手順」をスムーズに行うためには反復した訓練が必要になります。

手際の悪い新入社員に対して「教えたのになんでできないの!」と憤る人は、この手続き知識が教えても共有できない知識だと理解する必要があるかもしれません。

3.文脈知識

Credit:mustsharenews

これは排他的でローカルなルールなどに含まれる知識です。

例えば、多くの日本人はエスカレータに乗った際、綺麗に片側だけ空けるという並び方をしたりします。

これには明確なルールがあるわけではなく、海外から来た人にとってはまったく意味不明だったりしますが、状況から判断して利用する隠れた知識が存在しています。

これは日本人として日本で生活していなければ、なかなか会得できない知識でしょう。

同様にイベントなどには、常連のファンだけの常識があったりします。コミケにしろライブにしろ、大きなイベントは文脈知識が共有されていることで、スムーズに運営されています。

これはネットなどで共有可能な知識かもしれませんが、エスカレーター同様、実際何度か体験しないと、なかなかスムーズには利用できない知識です。

こうした場の雰囲気から読み取って覚えていく暗黙知を文脈知識と呼びます。

これがうまく会得できず利用できない人は、周りから空気が読めないやつと言われてしまうかもしれません

4.身体知

Credit:depositphotos

これは言葉のまま身体の動かし方に関する知識です。

さきほどの自転車の運転や、童貞は知識があっても云々みたいな話題も関係するかもしれません。

私たちは歩き方とくに意識せずとも歩行することが可能です。しかし、そのやり方を問われても教えることはできません。

野球やサッカー、陸上も、ボールの投げ方、蹴り方、走り方は教えることはできてもそれがうまく実践できるようになるには、反復して身体を動かしていく必要があります。

料理人の包丁の手さばきなどもこれに含まれます。料理人が10年下働き続けないとダメだ、なんていうのもこうした暗黙知を獲得することを指して言っているのでしょう。

これは明示的に示すことのできない知識です。

暗黙知を理解して効率的に学んでいく

Credit:depositphotos

知識は何でもかんでも教えられるものではなく、またすぐに覚えられるものでもありません。

スポーツの話ならその通りだと納得する人でも、案外身近な作業については、暗黙知の存在を見落として、なんで覚えられないんだ、と悩む人もいるかもしれません。

簡単には獲得できない暗黙知、言語化が難しい暗黙知というものを理解して、できる限り形を持った形式知に変えていくことは、現在人類が目指していることでもあります。

教える人も、これから新しく覚える人も、暗黙知というものを意識して取り組んでみると、案外悩みが解決するかもしれません。

あらゆる科学用語にきちんと日本語がある理由とは

reference: scienceabc / written by KAIN
あわせて読みたい

SHARE

TAG