もう全部オンライン。渋谷区公認の「バーチャル渋谷」が5月19日からオープン

science_technology

コロナ禍で様々なものがオンライン化する昨今。ついに「街」までバーチャルになってしまったようです。

KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザインなどが中心となった、参画企業50社で組織する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」を2020年5月19日からオープンすると発表しました。

先端テクノロジーを活用し、エンターテイメントの活動を中止することなく、自宅からさまざまなイベントの開催、参加を可能にすることが目的です。

芸術や文化活動は「不要不急」として後回しにされがちですが、オンラインならどんなに「密」なイベントも開催できるわけです。

今後は「バーチャルモヤイ像で待ち合わせね!」なんてことも出てくるかも…?

「バーチャル渋谷」って?

「バーチャル渋谷」では主に2つの体験ができます。

1. オンラインイベント

バーチャルイベント会場で開催される、さまざまなオンラインイベントが楽しめます。

まずはご自宅からスマートフォンやPC、VRデバイスを使って、イベント会場となる「バーチャル渋谷」に参加。

アバターを使って会場内を自由に動き回りながら、たくさんの観客と同じ空間を共有し、インタラクティブなイベントが体験できます。

イベントの様子は動画配信サービスなどでも配信され、渋谷の新たなイベント会場・発信スタジオとして展開していくとのこと。イベント会場は、現実の渋谷にバーチャルならではの演出や装飾を加えた特別な空間です。

2. リアルと連動したXRコンテンツ

2つ目は、これまで実際に渋谷に行かなければ体験できなかった「XRアート」などのXRコンテンツです。

XRコンテンツは、リアルとバーチャルのそれぞれの渋谷の同じ場所で、同一のものが展開されます。渋谷の「デジタルツイン」として、リアルとバーチャルの双方をエンターテイメントで拡張していくとのこと。

リアルな渋谷とつながったもうひとつの渋谷を回遊しながら、さまざまなXRコンテンツが楽しめるようです。

攻殻好き必見?「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」

オープニングイベントとして、「バーチャル渋谷」上のスクランブル交差点にて、「攻殻機動隊 SAC_2045」を含む「攻殻機動隊」シリーズのファンである、SEKAI NO OWARI “DJ LOVE”や、にじさんじ所属バーチャルライバー アンジュ・カトリーナの他、渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー 若槻 千夏、S/U/P/E/R(スーパー)DOMMUNE(ドミューン)代表 宇川 直宏らがアバターとして登場する、LIVEトークイベントが実施予定です。

攻殻機動隊好きは要チェックですね。

概要

内容
生粋の攻殻機動隊ファンが「バーチャル渋谷」にアバターで集結。最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』の世界とも融合したバーチャル渋谷のスクランブル交差点で攻殻機動隊シリーズの魅力について熱く語ります。このテーマでなければ絶対に集結しない異色のゲストと共に攻殻機動隊ワールドに陶酔できるトークイベントです。
テーマ
攻殻機動隊初心者講座と『攻殻機動隊SAC_2045』のココがスゴイ!
日時
2020年5月19日 19時00分~19時45分
出演者
・渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー: 若槻千夏
・アーティスト: SEKAI NO OWARI“DJ LOVE”
・S/U/P/E/R(スーパー)DOMMUNE(ドミューン)代表: 宇川直宏
・にじさんじ所属バーチャルライバー : アンジュ・カトリーナ

参加方法

バーチャル渋谷は、VRデバイス、スマートフォン、PC/Macから参加できます。
参加にはclusterの無料アカウント作成と、ご利用されるデバイス用のclusterアプリのインストールが必要です。またイベントの様子は、YouTube Live、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト 公式Twitterでも同時中継されます。

参加は下記リンクから。

https://cluster.mu/e/bee95acc-5c7f-4ebb-b08a-606348747487

【東京ゲームショウ2019】論文が元ネタのゲーム「ラクガキキングダム」や、話題の「FF7リメイク」をレポしてみる

reference: prtimees / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE