history archeology

15世紀のイングランド王「ヘンリー7世」の顔をデスマスクから復元した結果 (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2020.05.18 Monday

肖像画とも特徴が一致

ローリー氏は、画像の着色化やデジタル編集技術を用いて、歴史上の人物の顔を復元する活動をしています。

今回のヘンリー7世は、死の直前の病苦のためか、顔がかなり痩せこけていました。

こちらが、デスマスクから復元したヘンリー7世の顔です。

1枚目の画像
Credit: Courtesy of Matt Loughrey / My Colorful Past

高くて長い鼻と前に突き出た額が特徴的ですが、輪郭はげっそりとしています。生前はもっと肉付きがよかったかもしれません。

骨格や輪郭が忠実に再現されている一方、肌の色や髪型、眉毛などは、かなり主観的な推測が入っているといいます。

専門家の中には「ヘンリー7世はヒゲを生やしていた」とする意見もあり、それに合わせて復元パターンも変わります。しかし、ローリー氏は、復元プロセスにおいて、クリックひとつで肌色を消したり、髪型や眉毛が修正できるようにしました。

その結果、ヒゲを生やした場合は以下のようになっています。

2枚目の画像
Credit: Courtesy of Matt Loughrey / My Colorful Past

肖像画と比較してみても、鼻の形やアゴの突き出し方などはほぼ一致しています。

肖像画でしか見れない偉人の顔も、こうして見ると急に距離が近く感じられますね。

ローリー氏は、この他にも多くの復元作業を行っており、詳細は「My Colorful Past」で見ることができます。

18歳で軍の総長!? 伝説の女戦士「楯の乙女」の顔が復元される

reference: ancient-origins / written by くらのすけ

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!