一人のツイッター投稿によって新種の寄生生物が発見される【虫注意】

animals_plants

Credit:Derek Hennen
point
  • Twitterにシェアされたヤスデの写真から新種の寄生真菌が発見される
  • 北アメリカのヤスデに寄生した新種は、ヤスデの外殻に穴をあけて中から体液を吸い取る

TwitterなどのSNSを通して、私達は毎日、様々な画像やビデオを楽しんでいます。

そして一見ありふれたSNS投稿が、学術的に価値のあるもに変身することも…。

最近、デンマークコペンハーゲン大学の自然史博物館生物学者アナ・ソフィア・レボレイラ准教は、Twitterで共有された画像から新種の真菌寄生虫を発見しました。

しかもこの寄生虫、少し特殊な生態を持っているようです。

Twitterから新種「Troglomyces twitteri」を発見

北アメリカに生息するヤスデ(Cambala annulata)/Credit:Mr.Fox

発端は、レボレイラ氏のTwitter利用でした。

Twitterをスクロールしていた彼女は、米国バージニア大学のデレク・ヘネン氏によって共有された北アメリカに生息するヤスデ(Cambala annulata)の写真を偶然見つけました。

彼女はそのヤスデに、いくつかの小さな点を発見したのです。

Credit:Derek Hennen

彼女は、「ヤスデの表面に何か菌類のようなものが見えました。これまで、この菌類はアメリカのヤスデでは見つかったことがありませんでした」と述べています。

この偶然によって調査が開始され、この菌が博物館にある膨大な数の標本と比較されました。

その結果、これがヤスデに寄生するLaboulbeniales種(真菌寄生虫)の1つであり、新種であることも判明。

新たに発見された寄生菌は、発見に至る経緯によりラテン語で「Troglomyces twitteri」と命名されました。

ヤスデの生殖器官に寄生する菌

新種のTroglomyces twitteriはLaboulbeniales種に属しており、この寄生真菌は昆虫やクモ類、ヤスデなどに寄生し、宿主に依存しながら生きていきます。

Laboulbeniales種は小さな幼虫のように見えます。この菌類は宿主生物の外側かつ特定の部位に生息するという特徴があります。

そして、今回発見されたTroglomyces twitteriはヤスデの生殖器官に寄生していました。

Laboulbeniales種は特殊な吸引構造によって、宿主の外殻に穴をあけて体液から栄養を吸い上げることができます。体の半分は外殻から突出したままなので、写真でも確認できることが特徴です。

Troglomyces twitteriの詳細画像/Credit: Ana Sofia Reboleira

これらの種の大部分は2014年以降に発見されたばかりであり、レボレイラ氏によると、「新種が発見される可能性はまだまだある」とのこと。

今回の新種発見はTwitterによってもたらされました。

レボレイラ氏は「Twitterでの新種発見は、わたしたちが知る限りでは初めての事です。この発見が、研究者にSNSで多くのデータを共有する動機付けを与えることを期待しています」と述べました。

今後、SNSを通して多くの研究資料が共有されるなら、そのことが様々な分野の専門家たちの目にも触れる機会となるに違いありません。

SNSによる幅広い視点が新しい発見に繋がっていくかもしれないのです。

 

この発見の詳細は5月14日、「MycoKeys」誌に掲載されました。

寄生虫「アニサキス」が過去40年間で283倍に増加していた

reference: phys / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG