medical

日本人は新型コロナウイルスに対して免疫を持っている可能性 低い死亡率の原因? (2/3)

2021.01.27 Wednesday

2020.05.19 Tuesday

日本人は新型コロナウイルスに対して免疫がある?

1枚目の画像
日本人の感染者は学習の結果である「IgG抗体」を新型コロナウイルスに対して素早く使用できた。Zoomにて放映された資料の一部。/Credit:live2.nicovideo

上の図は、東京大学をはじめとする研究者が、新型コロナウイルスに感染した日本人のIgM抗体とIgG抗体の増加パターンを示したものになります。

図が示す通り、日本人の感染者の多くが即応型のIgM抗体より先に、学習によって生まれるIgG抗体を多く生産していました

このことは、日本人の多くが新型コロナウイルスに対する免疫学習を、既に行っていたことを意味します。

また今回の研究では、IgM抗体の生産が緩やかな場合には、重症化しにくいことが明らかになりました。

重症化はウイルスによる直接的な細胞の破壊ではなく、免疫の過剰反応が原因として知られています。

感染の初期において、広範な影響力を持つIgM抗体よりも、専門化されたIgG抗体が多く生産されることで、免疫も過剰応答を避けることができると考えられます。

2枚目の画像
Zoomにて放映された資料の一部 /Credit:live2.nicovideo

研究者は、免疫を持たせる原因となった存在として、東アジア沿岸部に存在する未知のコロナウイルス(SARS-X)の存在を示唆しました。

また、2003年にSARSウイルスが発生した以降も、東アジア地域では断続的にコロナウイルスの発生が続いていた可能性も言及しています。

そしてこれらの未確認のコロナウイルスが、東アジア人の多くに「先行して風邪として感染」した結果、新型コロナウイルスに対する免疫力が獲得されたと結論づけているのです。

次ページ未知の風邪コロナがワクチンになっていた可能性

<

1

2

3

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!