product

フィルムカメラをデジカメに変えられる魔法のキットが発売される (2/3)

2021.01.27 Wednesday

2020.05.19 Tuesday

前ページ取り付けは超簡単

<

1

2

3

>

そのまま撮影するだけで写真をデータ化

1枚目の画像
撮影の様子 / credit: kickstarter

I’mBack®35を取り付けたあと、フィルムカメラにもともとついていたファインダーを覗いてシャッターを切れば、すぐにデジタル写真が撮れます。写真を撮る際の絞りやシャッタースピードはフィルムカメラのダイヤルから調節できます。

2枚目の画像
絞りの調節 / credit: kickstarter
3枚目の画像
シャッタースピードの調節 / credit: kickstarter

本体には3つのボタンとタッチパネルがついていて、電源のオンオフ、露出の自動調整、写真の確認をすることができます。

4枚目の画像
電源スイッチ、撮影開始ボタン、露出の自動切り替えボタン / credit: kickstarter
5枚目の画像
写真を確認できるディスプレイ / credit: kickstarter

また、イメージセンサにはパナソニック製の「Panasonic 34112」バッテリーにはソニー製のリチウム電池を使っていて、マイクロSDカードに対応しています。スペックの詳細は下記のとおりです。

プロセッサー:Icatch V39
センサー:パナソニック34112
LCD:2.0インチ
ビデオフォーマット:4K 3840×2160 / 30FPS-1920×1080P / 60fps-1280×720P / 120fps
ビデオフォーマット:MOV
解像度:14M / 10M / 8M /その他
フォーマット:JPEGおよびCOLOR RAW
メモリ:マイクロSD /クラス10最大128G
マイク/スピーカー:内蔵
周波数:50Hz / 60Hz
電源インターフェース7.4V-1A
バッテリー:7.4vリチウム電池
タイプC-HDMI-TFカード-MIC-3.5mm-同期ケーブル-1.5mm
システム要件:Windows 2000 / XP / Vista / Windows7、MAC OSX 10.3.6以上
6枚目の画像
I’mBack®35の全面と背面 / credit: kickstarter

次ページすでに800人以上が出資中

<

1

2

3

>

プロダクトのニュースproduct news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!