星のソムリエ®が選ぶ、今月の星の見どころベスト3【2020年6月】

新型コロナウイルスの感染対策のため、この2カ月、天文イベントや各地プラネタリウムも中止、休館となっていました。

ようやく緊急事態宣言が解除され、再び星の魅力に触れる機会が増えそうです。

とはいえ、すでに梅雨が始まっているところもあり、天体観測には厳しいシーズン。

そこで、雲の切れ間からでも見てみたい天文現象にフォーカスして、星のソムリエ®が選ぶ、今月の星の見どころベスト3【2020年6月】をご紹介します。

Best3.11日(木):パンスターズ彗星が「ひしゃく」の中に入る

今年は「C/2017 T2パンスターズ彗星」が双眼鏡で見られるレベルまで明るくなるのでは、と天文好きの間で話題になっていました。

見頃は、彗星が空の高いところに位置する春先から初夏まで。でも、ぱっと指し示せる場所ではないため、これまで取り上げてきませんでした。

しかし、今月はとうとう皆ご存じかつ都会でも見える北斗七星の近く、しかも11日1時には「ひしゃくで彗星をすくう」かのような、わかりやすい位置にやってきます。

11日の明るさは5.8等級とされ、双眼鏡でも見るのは厳しいかもしれませんが、カメラで露出を調整しながら撮影してみると、姿をとらえられるかもしれませんよ。

こちらは、実際の北斗七星の写真にパンスターズ彗星がどのように移動していくかを描いてみたものです。

Credit:ofugutan 星空写真にパンスターズ彗星の移動する経路を記載

北斗七星が高く昇る、午前1時頃の位置になっていますので、参考にしてみてください。

なお、パンスターズ彗星は、7月1日くらいには6.4等級まで暗くなってしまうと考えられています。

3位にした理由

Good!:彗星は珍しいので取り上げておきたかったし、今月は位置がわかりやすい。

Bad!:直接目で見て観測は難しそう。梅雨入りしていて雨になる可能性も高い。

Best2.4日(木):水星が夕方、今年もっとも高く昇る

肉眼で見えるけれど高度が低く、すぐ沈んでしまって見たことがない人が多い水星。

でも、今年の2月5月はチャンスだったので、それぞれ「今月の星の見どころ」でもご紹介しましたが、見られなかった人は今月見てみるのはいかがでしょうか。

水星が太陽からもっとも離れ、地球から高度が高く、夕方に見えるのが「東方最大離角」のとき。年に何回もありますが、6月4日は2020年の中で一番高度が高くなります

ただ、今回は金星が見えず、以前のような目印にはできません。金星は同日6月4日に内合を迎え、夕方の観測シーズンがとうとう終了です。

金星は惑星なので、太陽の光を反射して輝くことで見えるのですが、内合は太陽、金星、地球と並んだ状態。金星が太陽の光を受けている部分が地球から見て後ろ側になるため、地球から見えなくなります。

金星を目印にできないことは、水星を見つける難易度アップになります。

しかし、6月13日までの長期間、高度10度以上が続くのでチャンスがたくさんあります。晴れの日が続けば、日々の動きを追うのも楽しそうですよ。

それに、2月と3月に水星を観測してきた方なら、もう金星を頼らなくても見つけられるはずなので、チャレンジしてみましょう。

Credit: 国立天文台

2位にした理由

Good!:休日を含むので観察がしやすく、期間も長いので観測チャンスが多い。それに高度が高いので建物がある場所でも挑戦しやすい。

Bad!:これまで金星を目印すると肉眼でも位置をつかみやすいが、今回はなし。双眼鏡がある方が望ましい。

Best1.21日(日)全国で部分日食が見られる

今回は太陽が欠けた状態で昇ったり沈んだりするケースではなく、全経過を見られますよ。

部分日食になるのは、西の空に沈みかけのときですが、欠けはじめの高度は30度ありますし、欠け終わりの高度も10度ほどあるので、建物があっても何とか大丈夫そうです(東京の場合)。

ちなみに、アフリカから台湾にかけては金環日食になるため、日本では南へ行くほど大きく欠けます。

食分最大は沖縄では0.83、東京では0.47、札幌では0.29となるので、かなり違いますね。

Credit: 国立天文台

前回の部分日食は2019年12月26日で半年ぶりのチャンス。ただ、前回は全国的に天気が悪かったため、その前の2019年1月6日以来で約1年半ぶりの人も多そうです。

筆者も12月は無理だったので、こちらは1月に撮ったもの。東京では今回これよりも欠けますね。

Credit: ofugutan(2019年1月6日に東京で撮影)

なお、必ず太陽観察専用のメガネや太陽フィルターを通して見ましょう。

1位にした理由

Good!:部分日食は見られない年もあってちょっとレア。天文現象としてわかりやすく話題になりやすい。日曜日なので観測もしやすい。

Bad!:梅雨の真っただ中と予想されるので、天候が不安。

以上、今月の星の見どころベスト3【2020年6月】でした。

先月の「ベスト3」実際にどう見えた? レポート

さて、5月の「星の見どころベスト3」の観測結果について、ご報告します。

春はぼんやりと霞がかっていることが多いのに加え、雲が多い日ばかりで観測はシビアでした。

Best3にあげた「木星」は、午前1時過ぎには見やすい高さまで昇り、土星とともに見られることを確認しました。双眼鏡でガリレオ衛星も見えましたが、夏に見たほうがもっとクリアに見えるでしょう。

そしてBest2にあげた「月と木星、土星、火星の接近」は、ちょうど月が下弦で3惑星の真ん中にある日を狙いました。

Credit: ofugutan(2020年5月14日3時30分頃に撮影)右から木星、土星、月、火星

観測を始めた3時頃は雲が多くてあきらめかけましたが、30分ほどねばっていると、雲が流れて撮影することができました。夜明けが早く、すぐあとに空が白んできたので、時間がタイトでハラハラする観測となりました。

ちなみに今月も、9日(火)に木星と土星と月が近づき13日(土)は火星に近づきます

Credit: 国立天文台

ただ、だいぶ木星と土星に対して火星が離れてしまって「並び」にはならないこと、月の欠け具合が中途半端なこと、連日の3時起きはツライということで、今回はBest3に入れませんでした。

とはいえ、惑星の明るさは増していますし、木星と土星と月、もしくは火星と月、とそれぞれのユニットにフォーカスすると美しい様子が見られると思います。

最後にBest1にあげた「金星と水星の大接近(5月22日)」「金星、水星、三日月の共演(5月24日)」ですが、22日は残念ながら天気が悪く、水星と金星を同時に望遠鏡でのぞくことはできませんでした。

次の日は雲の切れ間が出たので24日に備えるべく、下見をしました。

高度がかなり低いので自宅から見えないのでは……と思ったものの、この日の金星と水星の位置関係から、ギリギリ観測できることを確認。

Credit: ofugutan(2020年5月23日19時頃に撮影)水星(左斜め上)と金星(右)

また、宵の明星の金星が見納めということで、望遠鏡で見ておきました。

見えていたのはこのような感じ。

Credit: 坂中二郎(2020年5月23日19時頃撮影)金星(左)と水星(右)

写真は星のソムリエ®の先輩からいただきました。金星は倍率が低い望遠鏡でも細い三日月状になっているのに加え、地球に接近しているので、宵の明星観測の今シーズンに観察を始めた当初よりも大きく見えることが実感できました。

また、このとき撮影された水星の写真もご提供いただきました。倍率の高い望遠鏡でないと水星の満ち欠けは見られないのですが、よくわかりますね。

そして24日、雲がかかる水星、建物からなかなか顔を出さない三日月、雲や建物に沈みそうになる金星……とシビアな状況でしたが、トライアングルのような「金星、水星、三日月の共演」の観測に成功しました。

Credit: ofugutan(2020年5月24日19時頃に撮影)左から、月、水星、金星

双眼鏡で見ると、視野内に3つの天体が大きく見えて、感動したとの声も聞かれましたよ。

6月は梅雨になってしまいますが、ウェザーニューズによると、西・東日本の今年の梅雨入りは例年より遅く、梅雨の期間は短いのではと言われています。

今回「Best3」としてご紹介した注目の天文現象の日は、意外と天気に恵まれるかもしれません。

気になる天文現象があったら、ぜひ観測に挑戦してみてください。

星のソムリエ®が選ぶ、今月の星の見どころベスト3【2020年5月】

Reference: 国立天文台(1, 2, 3, 4), 星空年鑑2020, ウェザーニューズ / written by ofugutan

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG