space

星のソムリエ®が選ぶ、今月の星の見どころベスト3【2020年6月】

2021.01.27 Wednesday

2020.05.31 Sunday

新型コロナウイルスの感染対策のため、この2カ月、天文イベントや各地プラネタリウムも中止、休館となっていました。

ようやく緊急事態宣言が解除され、再び星の魅力に触れる機会が増えそうです。

とはいえ、すでに梅雨が始まっているところもあり、天体観測には厳しいシーズン。

そこで、雲の切れ間からでも見てみたい天文現象にフォーカスして、星のソムリエ®が選ぶ、今月の星の見どころベスト3【2020年6月】をご紹介します。

Best3.11日(木):パンスターズ彗星が「ひしゃく」の中に入る

今年は「C/2017 T2パンスターズ彗星」が双眼鏡で見られるレベルまで明るくなるのでは、と天文好きの間で話題になっていました。

見頃は、彗星が空の高いところに位置する春先から初夏まで。でも、ぱっと指し示せる場所ではないため、これまで取り上げてきませんでした。

しかし、今月はとうとう皆ご存じかつ都会でも見える北斗七星の近く、しかも11日1時には「ひしゃくで彗星をすくう」かのような、わかりやすい位置にやってきます。

11日の明るさは5.8等級とされ、双眼鏡でも見るのは厳しいかもしれませんが、カメラで露出を調整しながら撮影してみると、姿をとらえられるかもしれませんよ。

こちらは、実際の北斗七星の写真にパンスターズ彗星がどのように移動していくかを描いてみたものです。

1枚目の画像
Credit:ofugutan 星空写真にパンスターズ彗星の移動する経路を記載

北斗七星が高く昇る、午前1時頃の位置になっていますので、参考にしてみてください。

なお、パンスターズ彗星は、7月1日くらいには6.4等級まで暗くなってしまうと考えられています。

3位にした理由

Good!:彗星は珍しいので取り上げておきたかったし、今月は位置がわかりやすい。

Bad!:直接目で見て観測は難しそう。梅雨入りしていて雨になる可能性も高い。

次ページBest2.4日(木):水星が夕方、今年もっとも高く昇る

<

1

2

3

4

>

物理学physics

もっと見る

Special

注目pick up !!