ゲームのプレイ動画を眺めるだけで同じゲームを作れるAIが開発される

artificial-intelligence

Credit:blogs.nvidia,PAC-MANTM
point
  • NVIDIAのAIモデル「GameGAN」が、名作パックマンの再開発に成功した
  • AIは5万件のパックマンプレイ動画を見ただけでゲームを制作、実際にプレイもできる
  • このシステムは、将来的にゲーム開発の効率化などに貢献できる可能性がある

『パックマン』は今から40年前の1980年にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたコンピューターゲームです。

たった5人の開発チームによって作られたこのゲームは世界的なヒットを飛ばし、ゲーム史に名を残す名作となっています。

今年40周年を迎えたこのパックマンを、NVIDIA Researchの研究者は、基礎となるゲームエンジンなしでAIによって生成することに成功しました。

しかも、このAIは誰かに作り方を教わるわけでもなく、人がプレイしている画面をひたすら視聴し続けるだけで、完全に機能するゲームをまるまる再現してしまったのです。

これは開発コストが激増の一途をたどるゲーム開発において、朗報となる成果かもしれません。

見ただけでゲームを作っちゃうAI

NVIDIA(エヌビディア)は、PCでゲームをやる人でなければ馴染みのない会社かもしれませんが、主に画像処理技術で有名な半導体メーカーです。

このNVIDIAの研究所で開発されたAI「GameGAN」は、なんとゲームのプレイ動画を見ているだけで、そのゲームをまるまる作ってしまうことができるのです。

このAIには、存在しないデータを自動生成するアルゴリズム「敵対的生成ネットワーク(Generative adversarial networks:GAN)」という仕組みが利用されています。

最近よく耳にする、存在しない人の顔写真を生成したり、アニメキャラを生成したりするAIも、この敵対的生成ネットワークを利用しています。

人の顔写真からアニメキャラを生成するAI。/Credit:NCSOFT

こうしたAIの中には、贋作者(生成ネットワーク)と、鑑定士(識別ネットワーク)の2人が存在していて、片方が存在しない新しいデータを生成すると、もう片方がダメ出しをする、という作業を繰り返しています。

偽ブランドや、偽札などを作る贋作者は、最初見様見真似で偽物を作りますが、それを取り締まる警察やメーカーの鑑定士にバレてしまうと、改良してどんどん偽造の精度を上げていきます。

敵対的生成ネットワークでは、このイタチごっこを再現することで、どんどん精度の高い自動生成ができるようになっているのです。

敵対的生成ネットワークの簡単な仕組み。/Credit:ナゾロジー編集部,いらすとや

これは通常の機械学習と異なり、何が正しいのか教える教師がいなくても2つのネットワークが競合して、勝手にどんどん学習し成長してく非常に理想的なAIです。

GameGANは、パックマンのプレイ動画を5万件も視聴することで、画面の構成やゲーム内のルールを理解し、最終的に本物のパックマンを作ってしまいました。

40周年パックマン

パックマンは、インベーダーゲームが空前の大ヒットを遂げた後、ナムコの開発者が女性やカップルもゲームセンターに呼び込もうというコンセプトで制作したゲームです。

そのため、それまで無機質で記号的だったゲームに、コミカルなキャラクター付けがされています。

やったことない人も今では多いかもしれないので、基本的なゲームのルールを説明すると、パックマンは迷路内に配置されたドット(黄色い点)を、モンスターにぶつからずに全部回収することが目的です。

モンスターは全部で4匹いて、真ん中の巣から徐々に外へ出てきてパックマンの邪魔をします。

モンスターはカラフルに色分けされ可愛らしい姿をしていますが、このモンスターたちには、赤はしつこく追いかけ、オレンジは気ままに動き回っているだけというように、ちゃんと性格が用意されています。

たまに現れる大きなドット(パワークッキー)を取ると、関係は逆転してモンスターは青いゴーストに変わってパックマンに食べられるようになってしまいます。そのためパックマンから逃げるように移動します。

GameGANはこうした基本的なルールや、画面構成をゲームのプレイ画面の記録や、プレイヤーのキー操作を取り込むだけで学習し再現したのです。

「これは、GANベースのニューラルネットワークを利用してゲームエンジンをエミュレートする最初の研究です」とNVIDIAの研究者Seung-Wook Kim氏は述べています。

GameGANは複数のレベルや、別のバージョンで学習を続ければ、これまでにないゲームレイアウトも生成するようになるといいます。

GameGANで再現されたパックマン。/Credit:nv-tlabs,GameGAN

これには、今回の研究のためにデータを提供したバンダイナムコリサーチの人も「驚いた」と話しているそうです。

肥大化するゲーム開発を救えるか?

驚くほどの速度で進化を続けたゲームの開発現場は、膨大な生成するべきデータとの戦いになっています。

こうした物量戦に追い込まれたゲーム業界を救う一手となるのは、AIによる精度の高い自動生成でしょう。

見ているだけで似たような、しかしまったく新しいデータを自動生成できるGameGANのようなAIは、今後のこうした開発現場を助ける重要な技術に発展していく可能性があります。

また、このGameGANの技術は、ゲームだけにとどまらず、自動車の車載カメラデータやドライバーの操縦データと組み合わせて自動運転技術の発展にも大きく貢献することが期待されています。

それにしても、パックマンが誕生してから40年とは……。

ちなみにバンダイナムコ公式では、40周年でパックマンを立体化した動画を公開しています。

Credit:立体造形を造ってみました(パックマン40周年記念),BANDAI NAMCO Research

これはこれですごい。

解析不能!30年以上前のレトロゲームから謎の「自動生成アルゴリズム」が見つかる

reference: nv-tlabs,nvidia / written by KAIN
あわせて読みたい

SHARE

TAG